★英語を楽しく学ぶコラム★何をやっても上がらなかった英語偏差値が上がったきっかけ
パン屋の英会話チャンネルより(無料オンラインサロン)
↑から、どなたでもご参加いただけます!無料です!

韓国の外相がイギリスのテレビに出ていましたが

ずっと同時通訳の声だと思っていたら本人でした。

英語本当に上手いんですね。

ところで、自分ですが英語はとても苦手でした。

赤点もよく取ってましたし、

実際偏差値なんかは50もなく

要は平均以下の中高校生でした。

結局そのせいで第一志望の大学入学は

受験生活を始めて3年後になるのですが...

正直ほんと

「何をやったらいいのか?すらわからない」

状況でした。

とりあえず単語覚えてみたり、簡単な(でもやると簡単じゃない)長文読解、英文解釈

予備校の教科書などなど、

やれと言われたことは、一通りやっていたように思います、、、

「文法以外」

文法は、あれ、やんねーでいいだろ

そう思ってたんですね。

しかし、いくらやっても偏差値はあがりませんし、、、

というより、やってなかったです。

なんか、何をやってもイマイチしっくりこないというか

伸びている気がしなくて、いつまでも英文は

「暗号の羅列」

にしか、見えなかったのです。

とにかく苦痛でした。

で、最後の受験の年。

「やっぱり文法ってわかってないとダメなんじゃないか?」

形容詞と副詞の違いもよく分からなかったのですが

「みんなやってて、自分だけやらないでいいわけない」

と、謙虚になって、そこから勉強してみたんですね。

要はSVOCをつける練習です。文法の問題集なんかもやりました。

そうしてみると、英語は本当に「形」で成り立ってるんだな、と分かります。

そして、それが理解できると、ただの暗号の羅列だったのが

「意味をともなって見えてくる」

んです。

今でも、留学してるのにいつまでもカタコトを抜けられない人って

「文法の理解力が弱い」

と、思っています。

多分ですが、文法は

正確な表現のために必要な知識ではなく、

英語そのものを「理解」するのに必須の知識なんじゃないでしょうか。特に大人にとって。

で、英語は「理解できるものの → インプット」です。

基礎文法は間違いなく、必要だと僕は思います。

本日はLeonがお送り致しました。

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

関連キーワード
Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
話すのに最低限必要な英文法
「Wh 名詞節」 いきなり、難しい言葉が出てきましたね、笑 英語は 「語(1語)」「句(2語以上のかたまり)」 そして、 「節(SVを含むか...
小さな成果を感じるためには?
Blog
「小さな成長を感じるためには?」 先に言うならば、上達していく 初心者を抜け出すのに、一番大切なことは 「小さな成長を感じること」 です。...
Be動詞、「存在」の動詞!
Blog
こんにちわ!Shotaです。 今日も元気に文法のブログを書きます! で、今日のテーマですが、「Be動詞」です。 私は一時期中学生に英語を教え...