【演繹と帰納からみる、英語学習の成否】
【演繹と帰納からみる、英語学習の成否】 演繹と帰納 難しいですが、英単語をみるとわりとシンプル。 ダクト(送風管、送風路)は、天井のコンクリートむき出しにしてあるレストランなんかにありますよね。ダクト(duct)の語源は導くこと、引くこと。 演繹 = deduct = de + duct de(離れる)duct → 1つの理屈からダクト通って外に出る → 全ての事象に1つの理屈をあてはめる 帰納 = induct = in + duct in(中に)duct → 多くの事象から、ダクトを通って(inして)1つの真理にたどり着く → 多くの事象から共通するものを探して、仮説を立てる
★演繹・deduction・1つの理屈をあてはめる 理屈1 「酒を飲むのはとても良いことである」 → 横山礼恩は酒浸りである → A. 横山礼恩は日々善行を重ねている q.e.d ※演繹法は前提の理屈を間違うと結論を誤る。
★帰納・induction・いくつかの起こった事から真理を導き出す 現実1 「酒を飲むと何も覚えてない」 現実2 「酒を飲むと大金を失う」 現実3 「酒を飲むとどこかしら怪我をする」 現実4 「酒を飲むと信頼を失う」 現実5 「酒を飲むと翌日何もできない」 現実6 「酒を飲むと痛風になる」 → 仮説)酒は良くないかも
★ 英語学習の成否を deduction, inductionで考えてみる Deduction (1つの理屈をあてはめる) 理屈1「英語はコツコツ音読すれば、しゃべれるようになる」 → Aさんは、コツコツ音読を続ける → A. Aさんは英語学習に成功する q.e.d ※ これはほぼ、間違いなく起こってきました。
Induction(起こっているいくつかの事から真理を仮定する) Aさん 「わかっちゃいるけどやれない」 Bさん 「仕事が思ったより忙しくて」 Cさん 「他にもいい方法があるのでは?迷う」 Dさん 「机に向かうとやる気が失せる」 Eさん 「先生が気に入らない」 Fさん 「コツコツ続けるのが苦手」 Gさん 「一度やめるとどうでもよくなる」 Hさん 「3日やるとどうしても飽きる」 Iさん 「やり始めると8時間くらいやっちゃう」Jさん 「地味な作業が好きで興奮する。もっと宿題を出して欲しい」 → 仮説)どうやら継続は普通の人はできない。
「英語は音読続けられれば、しゃべれる」 deductiveに考えれば、本当にそうです。 でも、英語指導の現場から inductive に見ると、 「普通の人は継続できない」 これをどう考えるか、ですよねぇ。 ただ、英語って音読すれば絶対に上手くなるんだ(そりゃ、やり方や題材の選び方はありますよ) でも、それを継続することが普通は難しい、 と知っておくだけでも違うと思います。
パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事