こんなに大学出が英語しゃべれない国も珍しい

こんにちは!

突然ですが、世界では

 

「英語は教養」です。

 

どういうことか、というと

「高等教育を受けた人は、英語くらいしゃべる」

と、思われている、ということです。

 

ところが、日本はそこがかなり異質です。

 

どんなに良い大学を出ていても

「しゃべれない」

人が多く

 

発音よく「流暢に」話せている人は、さらに少数になります。

 

日本で生まれ育つと、どうしてこんなことになるのでしょうか?

 

1、読解練習が中心で、リスニングはほとんど問われなかった

2、量がそもそも足りてない

3、「正確さ」にこだわりすぎ、「流暢さ」を鍛える練習をしていなかった

 

語学の能力は

「知識」×「スピード」

で成り立っています。

 

大学受験をしたくらいの人は、「知識」は十分持っています。

 

ところが、それを頭の中で処理する「スピード」がないために

なかなか、英語が口から出てこないわけです。

相手の言っていることも、そのスピードで理解することができません。

 

ゆっくり自分のペースで読む分には、理解できるのです。

 

多くの人は「知識」が足りないためにしゃべれないのだ

そう思い込んでいます。

 

でも、足りないのは「スピード」です。

早口で話す能力ではなく

 

頭の中の、英語の処理「スピード」こそがネックになっているのです。

 

まずはそのことを理解するのが、とても大切です。

 

本日は、Leonがお送りしました!

 

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事