経営者の勉強会などに出席し、英会話教室をやっているというと必ず言われるのが・・・

 

「私も英語やらないといけないと思ってるんですよ」

「英語そろそろやらないとなぁ、と思ってるんです」

「英語ねぇ、本当にしゃべりたいんですけどね」

 

一体何度、この言葉を聞いたことでしょうか?

 

別にこちらに気を使って言っているのではないと思います。

本気で、英会話を何とかできたらしたい!

と思っている方が、今とても多いのでしょう。

 

ところが、その出会った方々のほとんどは、数年経った今も

「英語やりたいんだけどなぁ・・・」

と、言っていた頃から、誰も英会話力が伸びた風はありません。

 

もしかすると、少しは英会話スクールに行ったり、オンラインレッスンをやってみたり

せめて、英語の本を数冊は買ったりしたかもしれません。

 

ここがでも、ポイントなのだと私は思います。

 

英語の本を買う → 何となく読んでみる → その辺でホコリをかぶっている

英会話スクールに行く(オンラインレッスンでフィリピン人と話す) → 少し続ける → 仕事が忙しくなって、曖昧になり金もったいねーし、と辞める

 

多くの方はこのプロセスをたどると思うのですが、

 

ここに、いつまで経っても英語が上達しない原因があるのです!

 

・・・その前に、

ピアノを習いにいったとして、ギターでも良いですが、予備校や塾でも良いでしょう。

皆さん、「家で1分も練習しないで!」上達できる!なんて・・・・

思わないですよね?

 

その辺りは皆んな「常識」だと思っているのです。

ところが!

こと、英会話となるとなぜかそこを忘れてしまっている方が多いのが事実です。

 

自分でお金を払ってスクールなどに通ってるし、またスクールも

「うちに来れば、英会話コミュニケーション能力が身につくよ!」

ま、僕もですが・・・そう言いますよね、笑

 

ですが、そこは皆さん、魔法のようなことはありません。

本当に英語しゃべれるようになりたかったら、当然、ギターやピアノや塾予備校と一緒

「自習」

しないと伸びるわけがないんですね。

 

上の結局英語挫折してしまうプロセスの中に、ヒントがあります。

なぜ、あのように挫折していってしまうのか・・・

共通しているのは

 

自習方法がわかっていない

 

でも、これって、実は全然簡単じゃない!んですよ。

自力で英会話の自習をされている方の話もよく聞きます。

そして思うのが、正直にいって

 

ちょっとズレてる・・・

惜しい・・・

 

そういうかたがほとんどなのです。

 

学校で成績のいいやつって、実際に頭の良いやつでしたか?

結構、こいついい学校行ってるのにバカだなぁ、

そう思うことって無いでしょうか?

 

彼らは、塾講師を10年やった経験より言わせていただくと

頭が良いのではなくて(もちろん、良い場合も多いですが)

 

どうやったら点数が取れるのか?

というゴールに向けた、「自習の仕方が大正解」

なだけ、なのです。

 

正直頭の良し悪しではなくて

「自習の仕方」

でしか無いのです。

 

いや、そんなことはわかってるよ!

自習しなきゃいけないなんて、当たり前じゃん!

 

本当にそうでしょうか?

「自習の仕方が大正解」

な状態とは、

 

1、自分はどこでこれをやる

2、自分はいつどれくらいこれをやればOKと決まってる

3、自分はこのアプリやシステム、方法を使ってやる(すぐに簡単にやれるのも大事)

4、自分はそれをいつでも復習ができる(これもとっても大事。しかもすぐに簡単に、がコツ)

5、自分はそれをどれくらいやっているのか、しっかり把握できているし、やった記録も見える(これも長い期間続けるにはとってもとっても大事)

 

特に大事だと思うのが

「どの道具を使ってやるのか?」

です。

これが固定されていないと、自習は絶対に続きません。

 

上の5ポイント、全部完璧におさえているか?

自分で言うのもなんですが、僕は正直、完璧と言えます、笑

1日にそんなに凄まじい時間英語の学習はしていませんが(どころか1分くらいの時も結構あります、笑)

毎日続けていて、全く苦じゃありません

成長できている実感もあるので、昔はネイティブじゃ無いことが本当コンプレックスでしたが、今はこんな楽しみができてよかった!と心から感じています。

 

でも、もちろん、最初っからそうだったわけでは無く

どころか、自分なりの試行錯誤やいろんな本を読んだり、先輩方に教えてもらってつかんできたのです。

 

前回が95%英会話は一人の時に伸びる、と言うお話でしたが、

今日は、その「自習」も簡単じゃないんだぞ、と言う話でした。

 

「自習の仕方が大正解」な状態に持って行くには、それなりの知識と時間が必要!

 

お読みいただき、どうもありがとうございました。

Leon 2018.6.11


パン屋の英会話教室で、どれだけ伸びるのか?お客様の声特集ページはコチラ!

1、高校中退Toeic400以下 → 875点(一年)

2、Toeic700でずっと停滞 →845点(一年)

3、1分英語話せない →NYに移住できるレベル(半年) 【動画あり】

4、難関通訳案内士合格

5、全く初心者 → アメリカのスパルタンレース にエントリー!(一年)

 


「パン屋の英会話教室Leon お問い合わせはこちら!」

http://www.leonyokoyama.com/contact.html

「パン屋の英会話教室Leon Website」

「校長横山礼恩:著書 1日15分で英語が話せるCDブック(あさ出版)」

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

関連キーワード
Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
パン屋の英会話教室の特徴
Blog
<パン屋メソッド 他のスクール・学校英語教育との違い> しゃべれるようになる!をダイレクトに目指します。   【そのために3つのことに気をつ...