例外はあるけども、基本的に同じ人種で固まる

こんにちは!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です!

 

今日のお題は、外国人と付き合う際のポイント

「例外はあるけども、基本的に同じ人種で固まる」

 

今、アメリカでは差別はかなりまずいタブーになっています。

ところが、ほんの少し前までと言っていいくらい

アメリカでは差別が当たり前にありました。

キング牧師がワシントンの大行進をし、ノーベル賞をとったのは

前回の東京オリンピックの年です。

つまり、かなり最近まで公然と人種差別がアメリカにはあった、ということです。

 

もしもしたい、と少しでも思ったならば

留学はした方が良い。

 

そのように言いますが、それは視野が広がる、ということもそうでしょうが

「自分たちの常識は、あくまで自分たちの中だけの常識」

であることを、身を以て体感することではないでしょうか?

 

私たち日本人は、常に歴史上海外より文化を仕入れてきました。

好奇心も旺盛で、基本的に今だけではなく、日本人は海外が好きなのです。

 

だから、人種の区別なく、いろんな人と仲良くしている外国人

しかも、「英語」などの外国語を流暢に操っていると、とてもカッコ良い

そう感じる日本人が多いようです。

 

ところが、実際に、多民族国家のアメリカ、

特にニューヨークなんかを見ると、

例外はもちろんありますが、ほとんどは同じ人種同士で固まっています。

付き合う恋人は7割以上が同人種、と聞いたこともあります。

 

アメリカにいて、「フツー」という言葉って、日本みたいにないんだな、

そう思ったのは、いろんな人種がいすぎて、どのコミュニティーの「フツー」

なのか、一つで表すことなんかできないからではないでしょうか。

 

だからって、「フツー」がないわけではなく、

たくさんの「フツー」が良い距離を取りながらひしめき合っているわけです。

 

何が言いたいのか、というと、その「フツー」を飛び越えて

「異人種と本当の意味ですごく親しくなることは、実は世界ではかなり稀」

 

むしろ

「全く価値観の違う相手だ、という前提でいた方がうまく付き合える」

ということです。

 

いろんな人種が集まるインターナショナルな場において

「自分の常識を全員に押し付ける」

「自分の常識でもって、相手をみる」

ことは、トラブルの大元だったりします。

 

例えば、我々は、そっちがするんだから、こっちもしていいだろう?

と、「公平」であることを、人間関係で当たり前、と考えていると思います。

 

意見を率直にバシバシ突っ込んで来るなら、こっちもはっきり言って良いはずだ。

そっちの方が、海外ではかえって相手にも良いのだ。

とすら聞いたことはないでしょうか?

 

でも実際は、あっちはズバズバ言うけど、こっちが耳の痛いことをちょっと言うと速攻でキレたりします。

自分は遅刻平気なくせに、待たされると露骨に不機嫌になる人も普通にいます。

遊ぶ約束忘れてなんの連絡もなく来ない、

からといって、同じことすると・・・

「俺のこと、嫌いになった?」と、かなり気にされます。

 

大学や郵便のような公共機関ですら、「いや、クリスマスだから」と

仕事をほったらかしておいて平気です。

むしろ、そんな緊急なら、なんでしつこく電話して来なかったの?

と、怪訝な顔をされたりします。

 

これらはほんの一例ですが、

 

いわゆるブラックジョークは

「これは言っちゃいけない」

と言う、「常識」がお互いにあるから、仲間内で言う分には面白いのです。

 

その「常識がお互いになければ」、単なる侮辱で、下手したら本当に殺されます。

 

むしろ「常識」がお互いに通じないのが、外国人と交わるということだ

 

そういうことはよく頭に入れておく必要があると思います。

 

私は、その典型だと思うのが、「海外は日本ほど安全ではない」ということです。

たまに、すごく無防備に海外へ遊びに行ってしまう日本の女の子を見ていると心配になります。

 

道を聞いて、「Follow me(ついてこい)」

という現地の男性の姿が、カッコよかったのでついて行った。

そんな話を無邪気に話す姿を見て、あっけにとられたことがあります。

 

新しい元号が発表されましたね。

日本の万葉集からとった(中国の古典からではない)そうです。

 

これからますます日本は国際化が進んで来ると思います。

そのために英語は必須のツールとなって来るでしょう。

 

でも、やっぱり「日本人は日本人」です。

「例外はあるけども、世界は基本的には同じ人種で固まる」

ものです。

 

外国人は外国人、我々の常識は通じない

その前提でいた方が、より良い関係が築ける、と私は思っています。

 

Leon

 

2019.4.1

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
時間がないときの練習方法
Blog
社会人の皆さん 英語を本当にしゃべりたい から、近頃は 「しゃべれないとまずい!」 になって来ているのではないでしょうか? ところが、そうや...
尊敬する人はいますか? (vol. 1)
Blog
こんにちは、パン屋の英会話教室Leon講師のM.Mです。 前回は、 ヘンリー王子の呼び名について 掲載させていただきました。 読んでいただけ...
脳科学的に学ぼう!!
Blog
こんにちは、M.Mです。 本日は、 多数の生徒さんに質問されてきた事について、 お話しようと思います。 質問は 1.「先生はどのようにして英...
Day 14  英会話学習を毎日続けるコツ
Blog
こんにちは! パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です! さて、今日のお題は 「英会話学習を毎日続けるコツ」 英語が上手くなったらいい...