20時間で初心者を抜け出す主要スキル6(その1 〜は〜する、を探す)

こんにちは!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です。

 

20時間で初心者を抜け出すには?の続きです。

6つの型の「練習」に集中するべきと言いましたが、今日のテーマは重要な1つ目です。

 

別に流暢じゃなくていいから、英語で何か言いたい

そういう時ってありますよね?

 

大体は、頭の中の日本語を必死で英語に訳してから話そうとするはずです。

 

例えば、今言った、

「大体は、頭の中の日本語を英語で必死に訳してから話そうとするはずです」

 

これを英語にしようと思うと、もう・・・・「萎えませんか!!」

 

しかしどんな時も

 

まずは「〜は・〜する を探す」

 

ここを頭に置いておいてください。

 

「大体は、頭の中に日本語を英語で必死に訳してから話そうとするはずです」

 

これを全部100%英語にしようとしてはいけません

伝われば良い、「コアのイメージ」を意識して、そこから「〜は・〜するを探す」のです。

 

〜は → You、でもいいんじゃないでしょうか?

〜する → 話す speak、でもいいんじゃないでしょうか?

 

あとは、適当に、後ろから言葉を追加して行けばいいんです。

 

要は、日本語から英語にして話す、ことを伝えればいい訳ですから

 

You speak English from Japanese.

 

これで全然大丈夫です!

 

You (〜は)speak(〜する) / (追加)English / (追加)from Japanese.

 

いや、それじゃぁ、全然言いたいことじゃないよ〜

 

という声も聞こえてきそうですが、いや、最初はそれで十分なのです。

 

「大体は、頭の中に日本語を英語で必死にしてから話そうとするはずです」

 

えーと、なんだっけ、えーとえーと、大体は?なんだっけ、ユージュアリー?オッフン?頭はの中・・・ヘッド?

 

ではなく、「20%伝わればいいや!」くらいに単純にイメージして、

「細かいところは省略!」しちゃいましょう。

 

いいですか?「20時間で初心者を抜け出す」をみていただきたいのですが

 

大切なポイントその1は、「目標のレベル」をしっかりと見極めること、です。

決して、同時通訳者や英語の教師を目指すわけではないのです。

 

まずは、ものすごく簡単な単語でいいから、

 

1、20%くらい伝わればいいや!の気持ちで、細かいところを省略する

2、〜は、〜する、を探す。

3、あとは、後ろからどんどん付け足す

 

この形を、マスターすることです。これが6つの初心者を20時間で抜け出すスキル その1です。

最初から完璧にやろうとするのではなく、まずは「主要なスキル(サブスキル)」「練習」するのが正解です。

 

はっきり言って、英語上手い人だって、この法則の上に「単語がちょっと上等になってるだけ」です。

 

Beginners struggle to translate Japanese into English in their mind.

 

Beginners (〜は)struggle to translate (〜する)/ (追加)Japanese /(追加)into English /(追加) in their mind.

 

どうでしょう?

 

〜は、〜する、の後に、どんどん付け足していってるだけですね。

 

ていうか、英語上手いって・・・・

 

要は言いたいイメージの中から、いかにSVを瞬時に見つけるか?ですよ、実際。

この「〜は」をどうするか、が、やって見れば見るほど結構奥が深いのです。

 

本日も、最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

 

Leon

 

2019.11.2

 

 

 

 

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事