文法的には間違ってても「通じる英語」にする簡単な方法

こんにちは!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です!

 

今日のお題は

「文法的には間違ってても、通じる英語にする簡単な方法」

 

頭の中にある日本語を、一体どうすれば英語の文になって

「一応は通じるのか?」

 

これを英語が苦手だった学生の頃はずっと疑問に思ってました。

なんか簡単な方法はないものか?

文法全部勉強しろ

文法の辞書持ってなかったら、どこも受験は受からない

 

そんなこと言われましたが・・・無理っすよ。

結局、文法の辞書なんていまだに一度も買わずに来てしまいました。

 

それはともかく、どうしたら「頭の中の日本語」を「通じる英語」にできるのでしょうか?

 

結論から言うと

「主語(〜は)と動詞(〜する)」を見つければ、大概はなんとかなってしまうものです。

 

相手に聞きたい場合は、語尾をちょっとあげて、聞いてる風にきけば意外と通じてしまいます。

実は疑問文なんか、作らなくても、全然通じてしまうんです。

ほんとかよ!と思うかもしれませんが、

 

と・こ・ろ・が!

 

逆にここ間違うと、想像以上に通じないポイントがあって

「主語と動詞」

 

これはちゃんと並べないと「想像以上に通じない!」ものです。

それくらい英語は「主語と動詞 」が重要なんですね。

 

日本にいるのが長いアメリカ人にすら(我々のブロークンな英語も結構理解できる)

「Oden like?」

おでん好き?と聞いたのでしょう。

全然通じてなかったところをみた事があります。

 

なぜなら、英語は基本的に中国語と一緒で

「主語 + 動詞」

この後から、「追加情報をどんどん重ねていって長くしている」だけなのです。

 

なので、Oden like?だと

「おでんは + 好き」

え?おでん生きてるの?おでんが意志を持って、何かを好きなわけ?

いや、意味わかんないんですけど・・・

と、流石の日本長いアメリカ人すら、サンドイッチマンになったのです。

 

つまり、まずは「主語 + 動詞」ここを抑えればいいんです。

ちなみに、そのあとに追加情報を加えるだけ、と言いましたが、

基本的に「主語+動詞」のすぐ後ろには、関係性の一番近いものが来るので(あとは適当で結構大丈夫)

「〜は + 〜する + 〜を」

になるパターンが非常に多いですね。

 

と言うことで、

英語でどうしても何か言わなきゃいけない場合は、頭の中の日本語を

 

「まずは英語で主語・動詞にしてみる」

 

例えば・・・

 

「温めますか?(コンビニの店員など)」

これは、例えば「You」を「主語」にして、「動詞」は「好き (like)」なんかはどうでしょう?

You like hot?

といって、商品を指差せば、まぁ、通じます。

少なくとも「hot?hot?」よりは、全然意味が通じるでしょう。

 

「これ買います」

これも、「This buy」と言うと、「これ」が意志を持ってしまいます。

「主語」は「I」、「動詞」を「買う(buy)」にすると

I buy this

こっちのが数段、確実に通じます。

 

5W1Hを使いたい場合は(これはめっちゃ使います)「一番頭」に持って来ましょう。

 

「なに食べたいですか?」

メニューを見せながら

「What」を頭に持って来て、あとは「主語 + 動詞」

この時は、「〜は」は「You」、「〜する」はもう「食べる(eat)」でいいのではないでしょうか?

What you eat?

ぜんっぜん、通じますよ!

 

「じゃぁ、テキトーにこんなかから、自分が選んでもいいですか?」

これもですね、もうすごくシンプルに「〜は + 〜する」

で、あとはジェスチャーで通じさせましょう。

 

メニューをグルグル指さしながら

「I choose?」

これでも、かなり通じます。

 

「あなたのために」を後ろにつけてもいいかもしれませんね。

 

「あなたのために」は英語で?

 

「あなたのために」って、高橋真梨子でありましたよね?

「for you...」なんてのが・・・って、古いですが

 

英語は「〜は + 〜を」のあとは「追加情報」

だから、I chooseの後に、「for you」つけて

 

I choose for you?

 

これで、全然、通じちゃいますよ!

 

本日は英語の全くできない人を想定して書いていますが、

「実は中上級者にだって、これはとても重要!」なんです。

 

例えば、え?ロスでもゆきふるの!?

って、とっさに出て来ますか?

 

しかし、これも瞬時に「主語 → You」「動詞 → have」

Do you have snow in Los Angels, too?

 

知らなかったよ〜

これも瞬時に主語動詞を選んで

I didn't know!

 

もしくは、無生物主語を選んだりして

That amazed me a lot!

これはこれで、知らなかった!って、驚き(知らなかったよ〜ってのは、要はそう言うことですよね?)

を表したりできます。

 

要は英語って、頭の中のことを、

 

「いかに瞬時に素早く」

「主語動詞に変換できるのか?」

 

これが要は、英会話力の幹だったりします。

 

文法なんかどうでもいいから、とりあえず頭の日本語を「通じる英語」にしたい。

この時は、ぜひ

「主語+動詞」

この順番に注意してみてください!

 

Leon

 

2019.3.20

 

 

 

 

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
Tony Buzan Vol.3
Tonny Buzan 音読 slow
⬆️Tonny BuzanのYoutube動画 "Learn, how to learn" (どうやって学ぶか、を学ぶ) ⬇️英語・日本語訳...
書けないとしゃべれない!
Blog
こんにちは! 本日はLeonがお送りします。 さて、表題の 「書けないとしゃべれない」 ですが、これも意外と見落とされている点です。 私...
単語の暗記力をぐっとあげる方法
Blog
こんにちは! パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です! 今日のお題は 「単語の暗記力をぐっとあげる方法」 その前に、単語の暗記は...
時間がないときの練習方法
Blog
社会人の皆さん 英語を本当にしゃべりたい から、近頃は 「しゃべれないとまずい!」 になって来ているのではないでしょうか? ところが、そうや...