最短ルートで英語の勉強しないで英語のみの資格試験を突破する方法

みなさん、こんにちは!

いきなりですが、

 

◆778:Analyzing and Visualizing Data with Microsoft Power BI
◆779:Analyzing and Visualizing Data with Microsoft Excel

 

の試験と聞いて、ピンときますか?

多分、多くの方は知らないと思います。

僕も知りませんでした。

 

それもそのはず、日本語で検索してもほとんど出てこない

エクセルをもっとすごくしたPower BIというもののテストで

日本で持っている人はほとんどいないそうです。

 

ちょっと検索してもこんな感じです。

 

中を見てもこんな感じです。

 

 

 

さて、この2つのテストですが、これを突破したいと相談されたのが昨年。

正直、英語力はこれらをスイスイ読むにはちょっと難しいレベルでした。

 

英語をちゃんと学習していたら、この試験の突破ははるか先になってしまう

と思ったので、受験を教えていた頃のテクニックを使いました。

 

「最短ルートで英語を勉強しないで英語のみの資格試験を突破する方法」

 

について、今日は書いてみようと思います。

 

1、とにかく突破することのみに焦点を絞った

 

10年間塾講師をしていたのに、2011年ニューヨークに行ったら幼稚園児ほども英語がしゃべれなかった・・・

ということで、帰国後パン屋の英会話教室Leonを始めた私ですが

 

実は昔から、得意分野は「テストの指導」なのです。

我ながら、これは確かにちゃんと人様の前で「イケてます」と言える能力が

 

テストに受かる生徒、落ちる生徒

を、かなり的確に当てられることです。

 

テストは、根性や涙や徹夜でどうこうなるもんじゃありません。

ミラクルは起こらないものです。

 

ですから、教養になるとか、実力はどうだとか、そんなことはどうでも良い

とは言わないけども、

 

「テストに突破するには」

そのための方法があるのです。

 

ものすごくシンプルなのですが、

「出題範囲を暗記」

しちゃえば、相当高得点を取れてしまいます。

 

そのために最高の教材が「過去問」

 

正直、日本語の情報がほとんどないので

この「過去問」すら探すのに苦労し

 

また、結構アメリカのサイトはテキトーで

本当にこれ出るのかよ?

もしくは、あれ?さっきこれ不正解だったじゃん!

 

みたいののオンパレードでした。

誤字脱字、文法の間違いも結構な頻度でありました。

 

でも、まずは、出題範囲がたくさん入っている

そう思える教材を探すことが第一歩です。

 

2、どうやってそれを暗記するのか?

 

暗記が不得意なんですよ〜

という話ほど、講師業をやっていて聞く言葉はないですが

 

そのほとんどの人は、目の前でやってもらうと結構暗記力あるのです。

じゃぁ、なんで覚えられないのか?

というと、覚える「作業」をしてないからです。

 

そう、暗記って、能力っていうより

 

「作業」

 

なんですよ!

 

予備校時代に習った「ごきげんよう方式」が、暗記のための最高の作業です。

 

ごきげんよう、ってお昼のトーク番組

今もやっているのかわかりませんが、いつもゲストが3人で、

三日出演すると、出演が終わります。

 

1日目 横山 田中 佐藤

2日目 鈴木 横山 田中

3日目 高木 鈴木 横山

 

こういう具合に

「新ゲストを迎えるとともに、2日前までのゲストも同時に出ている」わけです。

 

このように、暗記を繰り返していくのです。

 

新しいものをいくつか暗記したら、2日前までさかのぼってそれも覚えます

 

このごきげんよう方式とともに、もう一つ大切なポイントが

 

「暗記は、横ではなく縦に覚える」

 

mountainという単語をマスターするために

100回書いてこい!

 

って宿題ありませんでした?

「横に」ひたすら書いていきます。

 

でも!それだと効率悪いです。

縦に

 

 

とある単語を、上から順番に英単語ではなんというか?

それに答えていく。

こうやって、縦にクイズ形式にして覚えるのです。

 

で、間違えたところには、印をつける。

間違えたところだけをもう一回やる。

 

全部正答できたら、あとはごきげんよう方式

昨日、おとといのを同じ「縦のクイズ形式」でやります。

 

とにかく、突破すれば良し

 

本当にこのようにお教えし、今週の火曜日、

ついに二つとも突破しました、と生徒さんよりご連絡をいただきました。

 

とても私も嬉しかったですが、同時に、ある日さりげなくそのかたのおっしゃった言葉が

「そうなんだよなぁ」

と、思いました。

 

これ、頭の良さ関係ないですね・・・

 

なんか、勉強のコツがわかった気がする、と呟いておられました。

 

 

今度はTOEICに挑戦して、本格的に英語を学びたいとのことですが、

 

いやですね、英語だって、本当は一緒なんですよ・・・

 

英語も実はただの、作業の反復で、上手くなります!

 

本日もお読みいただきどうもありがとうございました!

よかったら、下に出てくる、★コロナショックを乗り越えようキャンペーン★もご覧いただけたら嬉しいです!

 

Leon

 

 

 

 

 

 

 

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
英語の習得に文法が不可欠な理由
Blog
こんにちは!Shotaです。 毎週金曜日にブログを更新することになりましたので、よろしくお願いいたします。 さて、金曜日のブログのテーマは...
小さな成果を感じるためには?
Blog
「小さな成長を感じるためには?」 先に言うならば、上達していく 初心者を抜け出すのに、一番大切なことは 「小さな成長を感じること」 です。...