Day 15 短時間の練習で効果を出すには?

こんにちは!

だいぶ暖かくなってきましたね。

ところが油断して

夜も短パンにTシャツ

ビーサンで外出したらそれは流石に寒かったです。

 

さて、新年度となり、皆様いかがお過ごしでしょうか?

英語の学習もなかなか出来なかったりするとも思いますが

今日は

「短い練習時間で効果を出すには?」

というお話です。

 

・・・・・・

「短い練習時間で効果を出すには?」

 

これはもう

「一つのことに絞る」

ことに尽きます。

 

短い時間でも効率的に筋トレをするのと一緒です。

しっかりと

「一箇所に、ちゃんと効かせる」

これが大切です。

 

例えば、15分しか練習時間がなかったとします。

でもですね・・・・

「15分でも真面目にやれば、結構十分な練習時間」

なんですよ。

 

例えば、

 

音読の練習を徹底的にするとします。

15分間、ぶっ続けで音読練習するって

結構、これは大変で、頭もパンクしそうになると思います。

 

そう、今さりげなく言いましたが

「頭がパンクしそう!」

という状態が、負荷がかかっていて良い状態です。

 

音読の練習をする!

 

そう決めたら

 

・辞書で単語の意味を調べる
・それを暗記しようとしたりする
・その語のほかの用法がないか、ネットで調べたりする
・発音記号も見た後、フォニックスのように音節に切って練習する
・そこから、漠然とYoutubeを見てしまう
・なぜか、突然Tedトーク見始める
・英語で独り言言ってみる
・DMMオンライン英会話の広告が目に入り、料金などチェックしてしまう
・「バイリンガール チカ 結婚」と調べてしまう
・フェイスブックに英語の投稿しようとして、やめる

これら、全部ダメです!

15分と決めたら

 

「意味をざっととる → あとはひたすら音読」

 

これを一つの短い動画で繰り返してもいいですし

もしくは、ざっとやって次の1分の動画に行く

それを3−4本やる

 

それだって良いのですが、その時もコツは

「意味を取るのは、翻訳などを見て速攻で片付ける!」

これがコツです。

 

そのあとの、音読の反復練習こそが、「練習」なんです。

 

例えるなら、ベンチプレスするのに

・何キロを何回やるか、決める
・実際に、その重さをセットして、位置を直す
・ベンチの位置を調整

これらが、「英文の意味をチェックする」

に相当します。

 

ですから、これらは「ざっと終わらす」のが正解なんです。

時間をかけるのは、当然、バーベルをあげることですよね?

 

英語の練習も一緒です。

 

「短い時間で効かせたかったら、一つに集中!」

これが正解です。

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事