脳科学的に学ぼう!!

こんにちは、M.Mです。

本日は、
多数の生徒さんに質問されてきた事について、
お話しようと思います。

質問は

1.「先生はどのようにして英語を勉強してきたのですか?!

2.「もともと頭が良いのですよね!? それに若い時に外国にいたから習得しやすかったんですよね?!

です。

世の中には、
英語学習における多様な方法を紹介した書物や記事が数え切れないほどあります。

ですから、正直なところ、正解はありません。

しかしながら、
私は偶然ではありますが、(たぶんう必然)
少し違ったアプローチで学習を重ねてきました。

ただ現代では、すでにこれも
一般的な学習法の一つかもしれません。

まず、1.の答えから言いますと、

脳の働きに結びつけて学習

してきました。

なぜなら、私には時間がなく、
効率よく学習したかったからです。

個人的にそれを意識しただけで
能率が上がり時短になると思います。

具体的に言うと、

・単語など暗記するものは、夜寝る前
・読解など頭を使うものは、脳が元気な朝。
・単語集などは買わない。
・ご褒美を設定して勉強する。
・勉強後に昼寝をする。
・必ず、音読する。
・復習は、(9時間以内にテキストを開ける場所や時間がなくても)頭の中で行なう。

他にも沢山ありますが、
詳細・理由は当校にいらした時にお尋ね下さい。

当校の生徒さんでない方も見学がてら、
是非遊びにいらして下さいね。

いつでも大歓迎です!!

 

2.の答えは、「No」です。

正直、誰より苦労していると言い切れるかと思います。

以前、blogでお伝えしたように、
確かに、私の父は天才で、母は奇才だと思います。

だから、
地頭が良いかと思われるかもしれませんが、
それは間違えです。

実は私には、脳障害があるのです。
健常者以下の脳だと
医学的に数値で証明されています。

しかもその障害とは、
記憶ができないという生きていく上で
致命的なものです。

プラス、
そのせいで上手に会話ができないことには
散々苦しめられてきました。

27歳からその記憶障害は悪化する一方…
本当に日々落胆していました。

しかし、
当時の主治医に進められたのが語学学習でした。

説明すると、とても長くなるのですが、
ざっくり言うと、
海馬を刺激すると脳が若返るのです。

とにかく英語は本当に忘れてしまっていたのですが、
27歳から出来そうな語学って英語くらいしかないなぁって思ったのです。

そこで、
以前に住んだ事があるLondonに行く事を目標し、
日本で勉強しながら準備をして、
本当にLondonに行きました。

私の場合、本当に人生に時間がないため、
1分1秒無駄にできないのです。

結論ですが、
どのような脳でも、
どのような方法を使おうとも
必死さが必要!」と言う極論なのですが、

もし少しでも効率良く学びたいなら、
脳科学的な勉強法を試されても良いと思います。

近年では、たくさんの脳科学に基づいた書物が出版されています。

私は、ずっと脳外科主治医のご指導のもと、実践してきました。

tryする価値はあるとお薦め致します。

そして、「その方法をこのblogで知りたい!」
と思われた方のために、
今回、全てをお話するには膨大な情報量で
書ききれませんので、
今後、一つ一つご紹介していきたいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

M.Mがお送りしました。

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
Handshake? No!
Blog
Happy Saturday, everyone! Stay safe and warm! It's both flu and hay fe...
恥かきビジネス英語
Blog
Blog こんにちは、M.Mです。 日々、英語を勉強していると、 「これはどんなニュアンスだろう??」 とか… 「文法は合ってるけど、恥じを...