【英語学習にPDCAはいらない】

PDCA。

一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

詳細はもし知らなければ、Googleなどで調べていただくとして、

まず大前提として、PDCAサイクルを回すことにより

英会話は必ず上達します。

なので、有効なのですが、

もっとはっきり言えば

「DO」

を続けるから上達するわけで、

「DO」さえやってれば、英語は上手くなる、のも本当です。

英会話を現場で大人に教えていると、

「考えすぎ」が、学習を妨げている場面にしょっちゅう出くわします。

あくまで自分の印象ですが、PDCAってそんなにアメリカなどではやっているとは思えません。

試しに、アメリカのiPhoneアプリストアも見てみてください。

マインドフル瞑想なんかのアプリは腐るほどあり

習慣化や目標達成のためのも沢山あるわりに

目標達成に必須とされる

「PDCA」

アプリって、すごく少ない上にしょぼいのばかりです。

なんでもアメリカが良いとは言いませんが

さりとて、世界の出来る奴はPDCAがスタンダード!

というのも違う….

というか、ぶっちゃけ事業にしろ成功してる人で、きっちりPDCAをつけてます、

って人、あまりいないんですよね、僕の知る限り。

もちろん、頭の中でそういった「カイゼン」は積み重ねてますが、

上手く行ってる人って

もっと「とにかく大量に」「Do」にフォーカスしていると思います。

英語は事業なんかにくらべたら

「断然単純」です!

英語もきっちりPDCA

しっかり計画を立てて、検証、調整もしてまた実行….

間違いではもちろんないのですが、

「考えすぎ」は、我々日本人の悪い癖でもあります。

それにそれによって行動力も鈍るなら(頭がテンパって)本末転倒。

もっとシンプルに、地道に「作業」を積み重ねればいいので

英会話学習にPDCAは不要

と、あえて言おうと思います。

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事