英語はストリートファイト!本で「知識」を積むだけじゃ喧嘩になると弱い!?

こんにちは!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です!

 

さて、よく

「どうして、10年も塾講師をしていて、ニューヨークで全く英語がしゃべれなかったのか?」

考えます。

 

もちろん、自分の未熟さもあるとは思いますが

だからって、やはり自分が特別先生のくせに英語の「知識」が劣っていた

とは思えないのです。

 

Toeicは900近くありましたし、

センター試験などは、どんなに二日酔いでも9割を下回ることはまずありません。

 

結局、コロンビア大学のALPコースで再度英語をほぼゼロから

そう言う超基礎のクラスに配属されてやり直したわけですが・・・

 

そう、だから、日本で英語教えてたなんてのは、私の中でトップシークレットでした。

多少、近現代史なら突っ込まれてもいけるかと思い、日本史を教えていた、とそういえば言っていました。

 

ただ、ある日、先生が質問されて答えに窮している場面がありました。

仮にも、コロンビア大学のALPコースといえば、世界一学費の高い語学校と言われているのです。

ところが・・・

 

それは、聞いていて、「いや、それは仮定法だから」の一発で答えられてしまう

大学生のアルバイト家庭教師でも9割は一瞬で答えられる内容でした。

 

そこで、私はとても驚いたのを覚えています。

実際、単語力(特に難しいものにつよい。逆にcome up withなどの簡単なのは案外知らない)、そして文法力

文法力に関しては、下手すると先生よりあったと言っても過言ではありませんでした。

 

そう、僕だけではなく、きっと僕らからもう少し下の世代までの英語を学校で習った人たち

特に、大学受験をある程度頑張った人たちは

「知識」

はものすごくあったのです。

相当に難しい論文だって、英語で読まされて来たはずです。

 

と・こ・ろ・が!

 

これはですね、表題のごとく、

昔、織田裕二の出てた、卒業旅行かなんかでタイに行った話だったか・・・・

それか全然違う宮沢りえの映画だったか・・・

 

忘れましたが、そこでウッチャン(お笑いの)が

カンフーが好きすぎて本など読みまくってるんだけど

一回も戦ったことない

 

なので、「実際の喧嘩となると、びっくりするくらい弱い!」と言う役をやってましたが、

 

それに非常に近い状態になってしまっていたのです。

 

言うならば、本を読んでサッカー上手くなろうとしていたのと一緒です。

 

つまり、英語に関していえば

「本などで知識を得るだけでは、上手くなれない」

英語は国語・数学・理解・社会と言うよりも・・・

 

もっと、体育・音楽・美術に近かったのです。

 

間違って欲しくないのが、知識を得ることがいけない、と言ってるのではないのです。

 

「知識を得たら、それを定着するまで反復すること」

が本当に大切だ、と言うことを本日はお伝えしたいのです。

 

それと、「大量に実戦を積むこと」

 

教室もそろそろ7年目となり、それなりの人数の社会人の方にお教えして来ましたが、

どうやら、肝はやはりこれです。

 

「基礎の反復練習」 × 「多聴・多読」

 

基礎ももちろん大切です。

 

でも、だからって、例えば中高の英語を一冊で!なんて本を読んで、へ〜、そうだったのかぁ・・・

これでは、意味はないとは言わないけども、意外と上達できないんですね。

そうかぁ、と「理解」してからが「本番」です。

 

そこから、音と一緒に音読練習を反復しまくるんです。

多分、楽器なんかやった人は、これの重要さがわかるのではないでしょうか?

 

ですから、本を選ぶ際は「練習しやすいもの」と言う観点で選ぶことが重要です。

僕はいつもそうしています。

面白そうか、よりも、練習をどうやってやるか考えて語学の参考書を選んでいます。

 

大量の実戦とは、英語の場合は「多聴・多読」もこれにあたります。

もちろん、実際に外国の方と英語で話す機会も大切ですね。

 

ただし、これら、最後にこのことを念頭に入れておいて欲しいな、と思うことを書くとすれば

 

「数週間でどうにかなるものではない」

 

と言うことです。

 

これらを、最低でも三ヶ月、半年とやっていけば

「明らかに効果を実感できる」

そういうものです。

 

だからこそ、多聴・多読は好きなものでやるのが一番です。

 

英語はストリートファイトと一緒です。

本を読むのではなく、ちゃんと練習・トレーニングを積んで

そうすれば最強のストリートファイターになれます!

 

つまり、外国人を前にしてちゃんと英語で丁々発止のやり取りができる日本人、ですね!

 

Leon

 

2019.3.27

 

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
Parasite!
Blog
Good day, everyone! Valentine’s Day is one day away. Have you made you...
【量は本当に大事!】
Blog
【量は本当に大事!】 *パン屋の英会話チャンネルより(無料オンラインサロン) ↑から、どなたでもご参加いただけます!無料です!   ★ 英語...
恥かきビジネス英語
Blog
Blog こんにちは、M.Mです。 日々、英語を勉強していると、 「これはどんなニュアンスだろう??」 とか… 「文法は合ってるけど、恥じを...
セミナー・執筆・取材依頼
Blog
企業研修、単発のセミナーなども、ご相談に応じて、出張含め応じております。 内容もアレンジできますので、お気軽にご相談ください。 単発の記事、...