1日15分で英語が伸びるのか?

1日15分で英語が話せるCDブック

これを出版したとき、よく言われたのが

「本当に1日15分だけで」英語が伸びるのか?

 

また、色々な英語関連の広告に寄せられるコメントを見ると

「15分でできる、とか言ってるのがイケてない。そんなんでできるほど、英語は甘くない」

 

何を隠そう、私もそう思ってました。

確かに、英会話をきっちり伸ばそうと思ったら時間はかかりますし、

そのための自習は絶対に欠かせないものです。(関連記事)

 

しかし、現実的にみているとどうでしょうか?

結論から言えば、

「1日15分も英語を学習できれば、英語は着実にしゃべれるようになる!」

これは、現場で多くの方を教えてきて心より思うことです。

ほとんどの人は、1日1分もやってない

最初にお断りしておかないといけないのですが、

これは学術論文などに基づくものではなく、あくまで自分の16年講師をやった感想です。

私が決して厳しくないから、というのもあるかもしれません(昔子供に教えているときは、叱ることもありましたが)

そういう前提での、私の感想ですが、、、

 

「ほとんどの人は1日1分もやってない!」

 

「受験生の夏休みですら、多くの学生はほとんど勉強してない」

 

いや、だって、たくさん塾や予備校に行ってるだろう

そう思うかもしれませんが、そこが罠なのです。

「自習してる時に、学力は伸びる」

これが鉄則なわけですから、予備校に行っているだけの時間は「勉強」に入らないのです。

あとで自習しないことには全く伸びません。

 

極論言えば、塾になんか行かなくても受かる人は受かるわけです、自習してれば。

結局、勉強系、技術の習得系は全て

「1人の練習(つまり自習)をどれだけしたか?」

でしかありません。

 

そして、現実の問題として

「多くの人は、1日1分の自習もできない」

これが本当のところなのです。

 

 

伸びない原因は要はそれです。

なんで毎日できないのか?

なんで毎日できないのか?

と言うと、

「頑張るから」です。

いや、何を言ってんだ!

 

と、思われるでしょうが、人間

「やるとやる気になる」

ものなのです。

逆に「やらないと、どんどん嫌になります」

 

よく思うんですが「頑張る!」

これって、実は長く何かを新しく始める!

と言う時に、結構マイナスなんじゃないか、

そう感じるんですよね。

 

一部の狂人的努力家は別にして

多くの人は、そんなに一つのことを飽きもせず続けて行くことはできません。

 

でも!

英語は、やはり長期プロジェクトなので、「続けないと伸びない」ものなんです。

 

ところが、普通の人は「頑張る」と必ず

「全然頑張りたくないとき」が10000%来ます。

一週間のうちに、来るでしょう。

 

やるとやる気になる。やらないとどんどん嫌になる。

この法則に当てはめると、

「頑張ろうと張り切り過ぎる!雄大な計画をたてすぎる(例、1日3時間俺は頑張る!)」

ことは、必ず「やらない日」を産み、やらないからどんどん嫌になる

 

かくして、くそーーーーー、自分は何をやっても続けられない・・・

と、自己嫌悪に陥ることになるのです。

 

頑張っちゃダメです、普通の人は。

1日3時間どころか、もっともっとやる人もいますが、そういう人って

周囲にものすごく褒められますよね。

つまり、普通の人間にはできないことだからです。

普通の人は、まずはやらない日を撲滅するのが先決

もう一度言いますが

「英語は長期プロジェクト」

ですから、

「正しい自習をコツコツ継続することなしには、絶対に成功できない」

ものです。

 

そして、もう一つ

「やるとやる気になる。やらないとどんどん嫌になる」

法則を当てはめれば、予定を予定どーり、きっちり台風でもなんでもこなす

なんて変わった人ではない、普通の人にとって何が一番になるでしょうか?

本当に、数ヶ月後に英語が今より、聞こえる、しゃべれる、語彙も増えてる自分になるには?

 

間違いなく

「ゼロを撲滅すること!」

です。

 

1日15分なんかで、足りねーよ!

とか言ってる人は、多分現場を知らないのでしょう。

実際は、みんな1分だって、やってないんだから!(バカにしてませんよ!そういうもんですし、僕だって英語以外はほんとそうです)

 

だから、僕は、まずは1日1分でいいから、ゼロの日をなくしましょう!

と、いつも言っています。

 

そして、表題に戻って、また自分の著作に戻って考えると・・・、

1日15分で英語が伸びるか?

 

そりゃもう、本当にそれやれれば、絶対に伸びます!

まず、それができれば、いわゆる「習慣化」ができるので(大体二ヶ月ちょっとじゃないでしょうか?)

「自習を継続すること」が、苦じゃなくできるようになります。

 

しかも、やってみればわかりますが、15分やると、結構集中してしまい

30分も60分も、案外容易にできてしまうものです。

 

これを続けたらどうなるでしょうか?

 

正しいトレーニング方法でやっている限り、英語が上達しないわけがないんです。魔法でもなんでもありません。

 

英語が上達しないのには、必ず原因があります。

多くの悩んでいる方を見て来ましたが、

悩んでいる心のモヤモヤよりも、実際にしている行動

これじゃぁ、伸びないよなぁ、という行動をくりかえす日々を送っているのです。

一番ダメージ大なのが、考えに考え、結局何もしていない・・・というパターン。

精神的にも不安定になります。

 

英会話がしゃべれるようになるには、原理原則があります。

原理原則にのっとって、淡々とそれをこなしていけば、英会話って必ず上達できるものなんです。

 

1日15分の英会話音読練習。

これが続けられたら、必ず伸びます。

15分じゃ足らない、というのは、15分やったら意外にもっとやれることも知らないのです。

 

そして、これがポイントです。

どうでしょうか?

1日15分って、結構できそうじゃないですか?

 

このように、小さなステップで、まずは2〜3ヶ月程、ゼロの日を撲滅するのが最初の一歩です!

 

Leon

 

2018.7.18


8/19(日) 川越にて英語講師のWorkshop、素晴らしい先生方の前座的に私も登壇します。リスニング力強化のための発音指導法(長沼先生)、最新のICTを使った効果的な生徒指導法(唐澤先生)、私は自営業的立場から、PDCAノートを使用した外国人講師の授業改善法「How to teach how to teach ~教え方の教え方~」を発表させていただく予定です。前回参加した際はALTの方も沢山いらしたのでほぼ英語でのプレゼン、今回もそうなるかと思います。英語講師じゃない方も英語学習のすごくためになる場です。まだ先ですから是非、予定を抑えていらしてみてください!

お申し込みはこちらから!

https://senseiportal.com/events/47110

パン屋の英会話教室で、どれだけ伸びるのか?お客様の声特集ページはコチラ!

1、高校中退Toeic400以下 → 875点(一年)

2、Toeic700でずっと停滞 →845点(一年)

3、1分英語話せない →NYに移住できるレベル(半年) 【動画あり】

4、難関通訳案内士合格

5、全く初心者 → アメリカのスパルタンレース にエントリー!(一年)

 


「パン屋の英会話教室Leon お問い合わせはこちら!」

http://www.leonyokoyama.com/contact.html

「パン屋の英会話教室Leon Website」

「校長横山礼恩:著書 1日15分で英語が話せるCDブック(あさ出版)」


….

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
asの覚え方
Blog
こんにちは! パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です。 さて、ASって、これ結構難しくないですか? 先日受験生の生徒さんより質問を...