【TOEIC L&R リーディングセクションPart 7「読解問題」の解き方】 

こんばんは、岩田です。

本日は、「TOEIC L&R Part 7『読解問題』の解き方のコツ」です。

その前に、TOEICの「リーディングセクション」の問題総数と割合は以下の通りとなっています。

リーディングセクション:100問出題
Part 5「短文穴埋め問題」30問
Part 6「長文穴埋め問題」16問
Part 7「読解問題」54問


リーディングセクションの制限時間は75分。

Part 7、というよりリーディングセクションでまず何よりも大事なことは、時間配分です。

Part 5(30問)→10分(1問20秒)で解く
Part 6(16問)→8分(1問30秒)で解く
Part 7(54問)→54分(1問60秒)で解く
+見直しの3分


これがベストです。

Part 7は1問につき1分。
Part 7は読むスピードが求められます。


そこで大事なのが、「戻り読み」や 「繰り返し読み」をしない実力を身につけることです。
そのために必要なのが、英文を前から訳していって読み返さない練習を繰り返すことです。


TOEICの試験の最初に流されるナレーションを例にとると、
—
Listening TEST
リスニングテスト

In the Listening test, you will be asked to demonstrate how well you understand spoken English.

これをきちんと日本語の文に直して訳していくと、

「リスニングテストでは、話されている英語をどのくらいよく理解しているかが問われます」

となりますが、これを前から区切って訳していくのです。

In the Listening test, 
リスニングテストでは、

you will be asked 
あなたは問われます

to demonstrate
示すことを

how well you understand 
どのくらい理解しているか

spoken English
話されている英語を


といったようにきれいな日本語の文に直さずに前から訳して読み進めていく、と。
さらにこれに心の中で「合いの手」を入れていくとより理解しやすくなります。

—
In the Listening test, 
リスニングテストでは、

you will be asked 
あなたは問われます(「何を問われる?」←合いの手)

to demonstrate
示すことを(「何を示すことを?」←合いの手)

how well you understand 
どのくらい理解しているか(「何を理解していることを?」←合いの手)

spoken English
話されている英語を

—

さらに、慣れてきたら、区切るところを長くしていきます。

—
In the Listening test, 
リスニングテストでは、

you will be asked to demonstrate
あなたは示すことを問われます(「何を示すことを?」←合いの手)

how well you understand spoken English
どのくらい話されている英語を理解しているか

—

この訓練をして、読み返さない。
これができるようになると、飛躍的に読むスピードが上がります。

本日は岩田がお送りしました。

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事