【6月20日開催の「TOEIC L&R」試験を受けてきました】

こんばんは、岩田です。

6月20日の昨日、TOEIC L&R 試験を受けてきました。場所は自由が丘学園高等学校。イエから徒歩15分で行けるところで、すごく楽でした。

現在TOEIC試験は、新型コロナウイルスの影響により、受験人数を分散させるために、従来は午後の試験が、午前の部・午後の部と、2回に分けてテストが実施されています。私が受けたのは午前の部。

以前もfacebookのコラムなどでも書きましたが、「試験前に実行していること」があり、いつもと時間や場所が異なるといってもそこのルーティンは同じです。

本日は、「試験前に実行していること」と「試験前の1週間で実行していること」について、お伝えします。

---
「試験前に実行していること」

・受験会場にはギリギリではなく30分前の開場時に入り、場の空気に慣れ、自分のものとする

仕事で相手の会社に行ったり、外で会う時も、基本30分前に行って、その場所の雰囲気に心と体をなじませていきます。

・受験票、シャーペン、消しゴム、時計と、顔照合の時間があるので身分証明書(免許証)を机の上に出しておく

また、氏名やアンケートなどを記入するマークシート用紙がすでに置かれているので、先に塗りつぶして準備しておく。

・まわりを見回し自分が一番やってきたのでできると暗示をかける

TOEICの950点以上をとる人は全受験者の1%。教室の人数を数えて、例えば100人だったら、まずはこの中で一番スコアをとる! とハッパをかけます。

・参考書などを広げず(そもそも持っていかない)、姿勢を正し呼吸を整え丹田を意識して瞑想のように心を静める

TOEICは時間をかけて解くとそんなに難しい問題ではありません。英語力よりも「スピードと集中力を継続」させることが大事なので、試験前はリラックスする時間をとる。
---

です。

さらに「5点でも多くとるために」実践していることは、芯1.3mmの太さでマークシートを塗りやすい「ステッドラー」、もしくは、「アリスト3FIT」のシャープペンシルと、厚さ4.5mmでピンポイントに消しやすいペンテルの消しゴムを使用しています。

そして、「試験前の1週間で実行していること」は、

---
「試験前の1週間で実行していること」

・毎日、TOEIC一回分の模試を解く
---

といったものです。ただ、その教材は新しいテキストではなく、何度もやっているものです。

例えば、私は普段、写真の
・『TOEICテスト新形式精選模試リスニング2』
・『TOEICテスト新形式精選模試リーディング2』

の問題集を使っており(ちょっとボロボロになってますが)、上記2冊はTOEIC L&Rテストの5回分が収録されています。

これを1日1セット復習します。もちろん、『公式問題集』シリーズでもいいです。

時間がなくてできないとしても、せめてリスニングだけでも1日1セットやれば、本番の聞き取りでだいぶ楽になります。

次の申し込める一番近い試験は「8月22日(日)」開催のものです。インターネットでの申し込みは6月24日12時から。

私ももちろん申し込みます。興味ある方はぜひ一緒にがんばりましょう!

本日は岩田がお送りしました。

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事