【TOEIC L&R リーディングセクションPart 5〜7を解く際にこれだけはおさえておきたいポイント】

こんばんは、岩田です。

本日は、TOEIC L&R リーディングセクションPart 5〜7の、即席でこれだけはおさえておきたいポイントをお届けします。

リーディングセクションの内訳は以下の通り。

Part 5「短文穴埋め問題」30問
Part 6「長文穴埋め問題」16問
Part 7「読解問題」29問


リーディングセクションの制限時間は75分。

リーディングセクションで何よりも大事なことは、時間配分です。

さらに、実際の時間で時間配分を考えると効果的です。
現在、TOEIC L&R時間はコロナ禍により、受験人数を分散させるために、午前の部・午後の部と、2回に分けてテストが実施されています。
なので、今は開始時間は異なるのですが、通常ならば、13:00から試験が始まります。この13:00から始まるケースで説明すると、

13:00からリスニングセクションがスタートして、リスニングセクションが終わるのは13:45(もしくは13:46)。そこからリーディングセクションが始まります。

Part 5(30問)を1問20秒、Part 6(16問)を1問40秒かからない程度、で解き、これら計46問を14:05までには「必ず」解く。

終了時間は15:00(もしくは15:01)なので、55〜56分時間が残っていることになります。そうすれば、Part 7(54問)で1問1分を当てられるようになります。

さらに細かくいうと、

47問目から75問目までのシングルパッセージ計29問を14:30までに解き、

76問目から100問目までのダブル&トリプルパッセージ計25問を終了時間15:00(もしくは15:01)までに解くのが理想です。

この時間通りに解くのに大事なのが、特にPart 7「読解問題」で、「戻り読み」や 「繰り返し読み」をしない実力を身につけることです。

そのために必要なのが、英文を前から訳していって読み返さない練習を繰り返すことです。

本日は岩田がお送りしました。

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事