asの覚え方

こんにちは!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です。

 

さて、ASって、これ結構難しくないですか?

先日受験生の生徒さんより質問を受けました。

 

僕も受験生の頃は、7−8個、意味を無理やり丸暗記しろ

そう言われて、そうしつつ結局できたのかできなかったのか・・・

そう、

 

「丸暗記は基本的にイケてない!」

 

じゃぁ、どうすれば良いのかというと

 

「基礎のイメージ」

 

をつかむようにするのです。

これは文法だけではなく、単語でもそうです。

 

Struggle = 努力する

 

ではなくて、もっと「大変な状況の中で、なんとか歯をくいしばる」

そんなイメージと結びつけて理解することが大切です。

 

さて、ではASはどうなのか?

僕は、なんとなく「限定」というイメージでとらえていました。

 

Japan as number one

なんて本がありましたが、

まさに、ナンバーワンとして「限定」したイメージの日本

 

ただ、ネットをちょっと見てみると、もっとわかりやすい説明がありましたので

こちらを、紹介させていただきますね。

★ネイティブの英語感覚を身につける

 

結論から言えば、ここで書かれているのはasは

色々ある中の「コレ」というイメージ

 

It always stops raining [as I bring an umbrella]. (傘を持ってくと、いつも同時に雨が止む

このasは〜な時ですが、色々ある中で「まさにこの時」

It's my advice [as your best friend]. (これは君の親友としてのアドバイスだ)

このasは〜として、色々ある立場もある中での「まさに親友として」

He's [as stupid as I]. (彼は俺と同じくらいバカだね)

このasは、同級のasなんて習いましたが、要は、色々程度がある中で「まさにコレくらいのレベル」

Do it as you like. (あなたの好きなようにしてくれ)

このasは〜のように、ですが、これまた、色々やり方がある中での「そのように」

 

まだ理由のasなどありますが、これら全部

根幹は「色々ある中でのコレ」と、限定のイメージで覚えておくと良いです。

 

そうすると、ちょっとわかりづらいけども、頻出するネイティブ表現

He has as much as a million yen in his bag now.

コレ、どういう意味になると思いますか?

 

あいつ、今「100万円も」カバンの中に入ってるんだ

 

100万円も、と数字を強調する表現となります。

これも、色々ある中での「まさにコレ」

 

という風にイメージしてみると、強調になる「感覚」がわかるのではないでしょうか?

 

このように、イメージで捉えることは、本当に大切です!

 

Leon

 

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事