Day 0  半年で死ぬとしたら後悔すること

Day 0

みなさん、初めまして!

パン屋の英会話教室Leon校長の横山礼恩です。

私のことを簡単に説明すると、埼玉生まれ埼玉育ちの、いわゆる純ジャパ(生まれも育ちも日本)

もともと英語が苦手で大学第一志望に3浪しました。

 

で、そこから大学・高校受験の英語を塾講師として10年間教えました。

Toeicは875点、もう英語は大丈夫だろう、そう思って、NYに留学したのですが・・・

 

そこで全く英語がしゃべれなかった!

 

もしも余命半年だとしたら、何をやり残した!

と、後悔するのか?

 

そんな本を読み

(とりあえず5年の生き方・諸富祥彦著)

 

「これをやれば、英会話はしゃべれるようになる!」

そういうものをわかりやすい形で、残しきれていないんじゃないか?

 

ここにきっと後悔するだろう。

そう思ったのです。

 

日本の英語教育にどっぷり浸かり

本場の英語との違いに愕然として、もう一度英語を学習し直し

帰国後は社会人相手に「本当に使える英会話」習得のメソッドをお教えして来ました。

 

そんな私の知っていること、勉強したこと、自分と生徒さんの学習過程からえた経験。

 

 

英語できるようにならずに死んだら後悔する、という方も多いでしょう。

そんなあなたのために、これを書いていきたいと思います。

 

(次の記事)

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

おすすめの記事