Day 10 どれくらいで結果が出るのか?

こんにちは!

パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です。

 

さて、今日の「英会話学習法シリーズ」Day 10

お題は

「どれくらいで結果が出るのか?」

 

これはとてもよく聞かれる質問です。

 

どれくらいで英語は上手くなりますか?

 

いつもお答えしているのが

「3ヶ月で変化を感じ、6ヶ月で確実に次の段階へステップアップ」

というものです。

 

実際、地道に音読の練習をしていれば

ほとんどの方はそのような形で上達しています。

 

一般的には英語と日本語は「言語の距離が遠い」

要は、あまりに違う構造の言語なので、時間がよりかかるとされています。

 

2200時間、3000時間、それか1万時間やれば・・・

などと色々と言われていますが

私の実感では、伸びた生徒さんをみていると

「3ヶ月で変化を感じ、6ヶ月で確実に次の段階へステップアップ」

 

じゃぁ、それって1日にどれくらいやっているのか?

これも、本当正直に(あくまで私の感想ですが)伝えるならば

「1日最低15分は音読練習」

を続けた結果、上のような感じで上達しています。

 

1日たったの15分?

と感じるかもしれませんが、

これって、意外と継続するとなると、なかなか手こずります。

 

しかし、これを続けられれば、確かに英語は伸びていきますし、

学習時間を提出し続けてもらった場合に気が付いたのが

3ヶ月を過ぎたあたりから

平均30分くらいは学習する方が多いです。

「習慣化」して、それくらいやるのが苦じゃなくなるのでしょうね。

 

さて、じゃぁ、何を15分やればいいか?

という話なのですが、私は

「重量 × レップ数」

の法則が成り立つと勝手に考えています。

 

レップ数とは、リピート数、つまり回数というか、時間ですね。

 

「負荷がかかるものほど、短時間で効く」

「負荷の軽いものほど、長時間かけないと効かない」

 

ちゃんと理解したものを、音読する

しかもそれを15分って、

「やってみると結構重労働!」

 

でも、その分、たったそれだけでもちゃんと効くのです。

 

もしも聞くだけ、など、楽そうなもの(重量が軽い)で効果を実感したかったら、

これまた僕の経験ですが、5〜6時間くらいやると、効果を実感できる。

そのように感じています。

 

外国に行くだけで言語を習得したかったら(これも重量は軽い)

それこそ、8時間くらい接客の仕事をする

日本語は一切使えない

それをほぼ休みなく半年!

 

これなら、確実に上達できると思います。

 

ということで、結論としては、

「負荷のかかった練習を最低15分」

これをやり続ければ、

 

「3ヶ月で変化を感じ、6ヶ月で確実に次の段階へステップアップ」

 

というのが、僕が沢山の生徒さんを見てきての感想です。

 

Leon

 

2019/2/23

 

次の記事

Day 11 多読・多聴も大事
2019.10.10
こんにちは! パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です! 英語の基本的な練習のやり方は、Day 10までで大丈夫です。 Day 1  英語ができる、とは?テストの点数ではない! Day 2 ど...

前の記事

Day 9 音読してるのに伸びない時 3
2019.2.23
こんにちは! パン屋の英会話教室Leon 校長 横山礼恩です! さて、音読しているのに伸びない! これには主に3つのパターンがある、というお話をしました。 1、ちゃんと英文の理解が出来ていない(頭...
パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

Blogの関連記事
  • 1、もしも自分がもう一度英会話をゼロから始めるなら 〜やらないこと〜
  • 2、何で英語やらなきゃ、と思ってるのに放置になるのか?
  • 3、ゼロの初心者は結局何から始めたら良いのか?
  • 4、音読をしているのに伸びない? 〜Assimilationが出来ていないと上達しない〜
  • 5、完コピ、ムラがない人が伸びる人。迷うのが一番結果が出ません!
  • If it will rain tomorrow 未来のことだからwillにしたのに、なんでダメなのか?
おすすめの記事
SVO( )のカッコの正体とは?
Blog
こんにちは!Shotaです。 花粉がひどく、優しい同僚に分けてもらった数少ないマスクをギリギリでやりくりしています。 先日電車で通勤中に、花...
セミナー・執筆・取材依頼
Blog
企業研修、単発のセミナーなども、ご相談に応じて、出張含め応じております。 内容もアレンジできますので、お気軽にご相談ください。 単発の記事、...
恥かきビジネス英語
Blog
Blog こんにちは、M.Mです。 日々、英語を勉強していると、 「これはどんなニュアンスだろう??」 とか… 「文法は合ってるけど、恥じを...