⬆️Tonny BuzanのYoutube動画

"Learn, how to learn" (どうやって学ぶか、を学ぶ)

⬇️英語・日本語訳・ゆっくり読んだ音声

 

(No.8)

So, let's now check how you do think.

さぁ、それでは、あなたがまさにどのように考えているのか、チェックしていきましょう。

How many of you, when you introduce yourself, used a mind map?

この中で、どれくらいの方が自己紹介(さっきワークでやった内容)の際にマインドマップを使いましたか?

How many of you used a mind map?

どれだけの人が使いました、マインドマップを?

A number of you.

数人いますね。

There was not one mind map there.

(でも)そこには、一つもマインドマップはありませんでした。

I scanned you.

私がじっくりとあなたがた(のワークを)をみていましたからね。

There was no one mind map.

マインドマップは一つもありませんでした。

So Those of you / who did a mind map / didn't

ですから、マインドマップを使った、という人は、実際は使ってません

So when you're practicing mind maps badly

つまり、あなたはマインドマップの練習を悪い方法でしているわけですから

You become perfect at bad mind mapping

あなたはとても下手になりますね、マインドマップを書くことを

So let's exploit more.

もっと探っていきましょう。

How many of you love color?

ここのどれだけの方が、色を大好きでしょうか?

Keep your hands up

手を挙げたままで

Look around.

周りを見渡してみましょう

Everybody loves?

みんな好きですよね?

Everybody does?

みんなそうでしょう?

But it's interesting because none of you are an artist. Except one.

でも興味深いですね。だって、誰もアーティストじゃないんでしょう?一人を除いては。

How many of you used two or more colors in your note?

ここのどれだけの方が、ノートに二色かそれ以上の色を使いましたか?

3 of you

三人だけですか。

How many of you used one color?

一色だけ使った方は?

A lot.

沢山。

 

(No.9)

And it was you who did it, who chose one color.

一つの色を選んだのは、他でもないあなただ。

And you'll be pleased to note that when I was a student, I hated studying.

I did not like it.

これは聞いて喜ぶと思うが、私が学生の頃は勉強が嫌いだった。大嫌いだった。

I did not like homework. I did not like having lots of tests and exams. Frightening.

宿題が嫌いだった。テストをいっぱい書くのが嫌いだった。驚いた?

How many of you, when you were in school, or even in some years of university, how many of you did not like studying and doing lots of homework and note taking?

皆さんの中で、学校にいた頃、または大学生活の何年間の間で、勉強とテストと板書を嫌いな人はどのくらいいる?

Keep your hands up. Look around.

手を挙げたままで。見回してごらん。

Basically unanimous.

ほぼ満場一致だね。

So why did Tony Buzan not like it?

ではなぜ、トニー・ブザンは勉強が嫌いだったのか?

And why didn't all the leading, thinking students in this university? Why not?

そしてなぜ、この大学にいるあなたたちのような、優れた、考える学生たちも皆嫌いなのか?

 

(No. 10)

So let's investigate it.

それでは検証してみよう。

In your notes if you use one color, what color do you think in universities and schools in Poland, and around the world, what is the number one and two colors in note taking?

ノートを取るときに使う一色の色、ポーランドに限らず世界中の学校や大学で、一番目と二番目に人気の色はなんだと思う?

Black and blue. And number three is grey.

黒と青だ。三番目はグレー。

Now I know you're not scientists, but in science of perception, the brain receives waves of light, waves of sound. And deals with them.

あなたたちが科学者ではないことは知っているが、視覚の科学では、脳は光と音の波を受け取り処理する。

And color is a clima. A color. So one color is a mono clima.

色はクリマという。一色はモノクリマ。

 

In terms of physics, that is a mono tonus. A tone of color.

物理用語ではモノトナス。色のトーン。

When you combine mono and tonus, what word do you get? Monotone. Monotonus.

モノとトナスの用語を組み合わせたときにはどんな言葉ができる?モノトーンだ。

If something is really, really monotonus, what is the word, around the world, used to describe something that is really, really monotonus?

何かがとてもモノトーンな時、世界共通でそれを表す言葉はなんだ?

And you all knew it! Boring!

みんな知っていたね!「つまらない」だよ!

And you are all different. But your brain, works on the same principles. Boring.

みんなはそれぞれ違うのに。脳は皆同じ仕組みで動いている。つまらない。

So now explore, Meta-cognite, when you are bored, what does you brain do?

それでは掘り下げてみよう。メタコグナイトだ。つまらない時、脳は何をする?

Day dream? What else?

ボーッとする?他には?

Tunes out. Switches off. Shuts down. Goes to sleep.

切れる。スイッチがオフになる。シャットダウンする。眠る。

Go around the world to university libraries, and look at people studying.

世界中の大学の図書館に行って、勉強している人たちを見に行ってごらん。

What are half of them often doing?

大体半分くらいは何をしている?

Sleeping! Sleeping. Public bed rooms.

寝てるでしょう!寝ているんだ。公共の睡眠施設だ。

17:56

(No. 11)

Around the world. Universally, at school libraries.

世界中の図書館に共通して。

And when your brain does tune out, does switch off, does shut down, it is very very intelligent.

脳がシャットダウンする時、脳はとても賢い。

Because it is wasting its time. It's turning itself off. So what's the point?

時間を無駄にしているからだ。意図的に停止している。なんの目的で?

Which is why, you didn't like it. And why I didn't like it.

だから君たちは気に入らなかった。私も気に入らなかった。

So color changes your brain. Color turns you on. Switches you on. Wakes you up!

そこで色は脳を変える。色は脳を稼働させる。スイッチを入れる。起こす!

Color does. And most of you, carrying one color.

色はそうさせる。しかし君たちの多くは色を一つしか持ち歩いていない。

So, think about it. Why, why not? I personally, carry these with me.

そこで、考えてみよう。なぜ?私はこれを持ち歩いている。

How many of you have read Harry Potter?

この中でハリーポッターを読んだ人はどれくらいいる?

Harry Potter has power to control. How does he do that? With what?

ハリーポッターは制御する力を持っている。どうやってその力を発揮している?何を使っている?

With a wand. With a wand.

魔法の杖。魔法の杖でだ。

Now you imagine, that I had a wand. That I can go "pyun!" that I can raise you IQ by 20 points,

and then I can go "pyun!" and your memory will be better.

私が魔法の杖を持っているのを想像してみてくれ。ピュン!とすれば私は君たちのIQを20ポイントあげれて、またピュン!とすれば記憶力が良くなる。

And I can go bam! Bam! and your creativity, your innovation, up!

そしてバン!バン!として、君たちの想像力、発想力が上がる!

Your brain and your body, suddenly integrated.

君たちの脳と体が突然統合(一体化)される。

How many of you would be happy, to have a higher IQ, better memory, better creativity, better integration of the brain and the body?

この中で、より高いIQを、より高い記憶力を、より豊かな想像力を、より良い脳と身体の一体化を望むものはどれほどいる?

Wonderful.

素晴らしい。

This is the wand. Color, does all of it. And does it incredibly well.

これが、魔法の杖だ。色が、その全てをしてくれる。それも、とても上手にやってくれる。

20:20

(No.12)

Biologically, when your brain is looking at colors, and playing with colors, you wake up hundreds of millions of brain cells. 

生物学的に、脳が色を見ている時、色で遊んでいる時、何億単位の脳細胞が活性化している。

They wake up!

起きるんだ!

So you can think of the brain with these million, million workers called the neurons. 

脳を、ニューロンと言われる何億人もの労働者と考えてみたらいい。

And you’ve got them, and in the morning you wake up, and you got,  let’s see, three hundred million color connected brain cells. 

朝起きて、そうだな、3億個の色で繋がれた脳細胞を持っているとする。

And you say to them, “yeah fine, I’m just going to use one color.” 

そして彼らに君は「よし、色は一つだけ使おう。」と言う。

And so three hundred million say, “thanks boss. We’ll just stay in bed.” 

そうすると3億人は「ありがとうボス。寝ときます。」と言う。

And they do! So I want you to discuss with your colleagues, what are the advantages of color? 

そして本当に寝るんだ!そこで君たちには、周りの学生たちと一緒に、色を使う利点を考えてみてほしい。

When you use multiple colors in your notes, in your mind map, what do the colors help you do better? 

ノートに、頭の地図に、複数の色を使うと何がよりよくできるのか?

And discuss it in groups of four or five. Deep conversation. 

4、5人で話してみてほしい。しっかり考えて。

What do they do? Starting now. 

色は何をしてくれるのか?始めて。

21:50

 

(No.13) 

24:21  

Okay, team! 

よし、みんな!

So let me, write off, and make a note of what color does. 

それでは、色が何をしてくれるか挙げていってみよう。

Memory; memory improves recall. Recall. 

記憶力。記憶力は想起力(思い出す力)を改善してくれる。

And it strengthens short-term memory, medium-term memory, and long-term memory. 

そして短期、中期、長期記憶全てを向上させる。

Color triggers creative thinking. 

色は発想と想像のきっかけとなる。

Color, physically, biologically stimulates your occipital lobe. 

色は、物理的に、生物学的に後頭葉を活性化させる。

The vision, back of your head. 

頭の後ろにある、視覚を司る部位のことだ。

And color also stimulates the connections with other brain cells around the lobe. 

色はさらに後頭葉の他の脳細胞との繋がりを強化してくれる。

Color, reduces stress. 

色はストレスを減らす。

How many of you, in university, feel over-loaded, information over-loaded, stressful,  

この中で、大学で負担が多い、情報が多い、

how many of you feel stress? 

ストレスを感じると思う人はどれくらいいる?

All of you. 

全員だね。

And you are training your practicing, perfectly, how to be stressed. 

そして君たちはまさにストレスを溜める方法を練習しているんだ。

And you are doing really well. 

そしてとても良くできている。

You will get more and more and more stressed. 

君たちはどんどんどんどんストレスを感じていくだろう。

And you’ll graduate. 

そして卒業する。

And you will start to work. 

働き始める。

And you will practice how to think badly, and in your job, you will become more and more perfect at colorless thinking. 

そして仕事場で悪い考え方を習得し、色がない、つまらない考え方がどんどん上手くなっていく。You will be colorless. 

君たちはつまらなくなるんだ(色がなくなる、特徴がなくなる)。

A colorless personality. 

なんの特徴もない性格になってしまう。

And you will become perfectly colorless. 

完璧に色がなくなってしまう。

And do think about that, because it’s another way of describing how to make yourself blind. 

このことをよく考えてみてくれ。なぜならこれは、自分を見失うことと同義だからだ。

And you are practicing it. 

君たちはまさに今そこへと向かっている。

So colors help you invigorate your vision. 

そして色は、そこに道を見出してくれている。

 

(No.14)

All of you love colors. 

みんな色が大好きだ。

So when you use colors, you are using a tool which you love. 

つまり色を使っている時、君たちは君たちが大好きな道具を使っているんだ。

You love it. 

大好きな。

And you love something, all of your learning rises. 

そして何かを大好きな時、学習能力は向上する。

When you love somebody, how is your focus? 

誰かを好きなとき、その人に対しての集中力はどうなる?

It’s total isn’t it? 

全てを注ぐだろう?

If you don’t love them, everything is kind of color-less people. 

好きじゃなければ、みんな色がなく見える。

You don’t even know who they are, you never remember them. 

そに人が誰だかも知らないし、覚えもしない。

So when you use color, you fall in love with your own brain and its self-expression. 

つまり色を使うとき、君たちは自分の脳と、その自己表現に恋をしている。

So this is serious. 

だからこれは深刻なことなんだ。

Color is not, yeah, yeah, color, color, what a waste of time! 

色は、「はい、はい、色、色、時間の無駄!」では済まされない。

It’s serious stuff.

真剣に考えなくてはいけないことだ。

Its life and death. 

生と死にか関わることなんだ。

And you have to make the decisions. 

そして君たちは決断しなければならない。

I dare one say it, that when you use color, you will have fun. Fun. 

色を使った時は必ず楽しいだろう。

So you will no longer be a serious student, with a face that looks like stone. 

そうすると真面目なだけの、石な様な顔をしたつまらない生徒ではなくなる。

You will be smiling , you’ll be happy, you will have fun learning. 

笑って、嬉しくなって、学ぶことが楽しくなるだろう。

When you have fun is it better to have fun, or to be serious?

楽しい時と、ただただ真剣な時だったらどっちがいい?

Fun! Fun!

楽しい方だろう!

So whenever you are with me, if I see a room of stone face, how unpleasant. 

だから君たちの様な生徒といる時、教室が石の様な顔でいっぱいの時の不愉快なことと言ったら!

How unhappy, for me! 

私が楽しくない!

When you are laughing, smiling, when you are telling jokes, you are using your colorful personality. 

笑っている時、冗談を言っている時、それは色に溢れた性格を使っているんだ。

So please, use colors for the rest of your life, and carry them around with you.

だからお願いだ、色を一生使い続けて、ずっと持ち歩いていてくれ。

They are on all-levels, they are a wand. 

全ての意味で、色は魔法の杖なんだ。

They improve all those things. 

全てを向上させてくれる。

And all you got to do, is use them. 

そしてそれを発揮するためには、ただ使えばいい。

Less effort than what you have been doing. 

今までやってきたことをより少ない労力でできる様になる。

It makes your life easier as well. 

人生が楽になる。

(30:12) 

 

(No.15)

So very important for your brain to know what it’s doing. 

だから脳が自分が何をやっているかを把握することはとても大切なことだ。

To meta-cognite. 

メタ認知をするということ。

You have introduced yourselves, so I’m going to introduce myself. 

君たちは自己紹介をしてくれたね。次は私の番だ。

And I’m going to introduce you to two things. 

私は君たちに二つものを紹介する。

One, is me, and two is, the mind map. 

一つは私、もう一つはマインドマップだ。

What is far more important than me is the mind map.

私より俄然大事なのはマインドマップの方だ。

So I’m going to build a mind map of me and I’m going to say nothing. 

今から私は自分のマインドマップを作って、何も言わない。

I’m just going to give you a mind map. 

君たちにはマインだマップだけを見せる。

And I want you to be like a detective. 

そして君たちには探偵になってほしい。

You gotta work out, what is a mind map?

マインドマップが何なのかを解き明かさなければならない。

Some of you who did a mind map. And you didn’t. 

何人かはマインドマップを作ったね。そして作ってない人。

Check it! 

チェックしなさい!

“Oh, oh yeah I didn’t!”

「あ、そうだ私やってない!」 

So you will learn how to use your brain really well. 

そうすれば(マインドマップを把握できれば)、脳の使い方が上手くなる。

Are you ready? 

準備はいいかい?

And follow this and work out what a mind map is, and why it works. 

これに(パワポ)沿ってマインドマップが何なのか、そしてその仕組みについて考えてみてくれ。

(31:51) 

 

(No.16)

(32:00) 

And already you can see that there is a formula, isn’t there? 

もうすでに公式を見つけたんじゃないか?

It always works in that way. 

いつもこの様になる。

Those deep laws behind it.

奥にある深い法則に必ず基づいている。 

And every mind map follows that kind of structure, but the subject is always different. 

全てのマインドマップは同じ構造をしているが、対象はいつも違う。

That’s me, but far more importantly, THAT is a mind map. 

これは私だが、それよりも大事なのは、これがマインドマップだということだ。

The basic laws. 

基本の法則だ。

And mind maps see image in the center because an image, a picture, a picture is worth what? 

マインドマップの中央には絵がある。絵にはどれくらいの価値があった?

A picture is worth? 

どのくらいだった?

A thousand words. 

千の言葉だ。(百聞は一見に如かず)

So when you take note after note after note after note, you waste your time. 

つまり君たちがノートを取って取って取りまくろうと、時間の無駄なんだ。

Images. Colors. 

絵。色。

Images everywhere. 

絵はどこにでもある。

(33:25) 

 

(No.17)

The branches; are the branches straight or curved? 

枝たちは、真っ直ぐか?曲がっているか?

Curved! 

曲がっている!

Because your thinking is natural. It’s organic. 

なぜなら思考は自然だからだ。加工物ではない。

It’s like trees, flowers. Organic. 

木や花のように。

The main branches have big key words. 

主要の枝たちは重要な項目(キーワード)を含んでいる。

So this could be you. 

ここに君たちが当てはまる。

So you could have you in the middle, and the main branches wouldn’t be my branches, but you could have your branch family. 

君が真ん中にいたら、それは私の枝ではなくなり、君だけの枝たちが広がっていく。

Another branch can be interests.

趣味の枝があってもいい。

Another branch can be my goal. My vision in life. 

目標や将来の枝があってもいい。

Another branch could be your physical activity. 

身体活動の枝があってもいい。

Another big branch could be my friends. 

友達の枝があってもいい。

Another branch can be my enemies. 

君にとっての敵たちの枝があってもいい。

Another branch, my biggest mistakes so far in my life. 

そして、今までで犯した最大の過ちに対しての枝があってもいい。

How many of you have made big mistakes? 

この中で大きな過ちを犯した人はどれくらいいいる?

Wonderful. Wonderful. 

素晴らしい。

When you make mistakes, you do what? 

過ちを犯してしまった時、どうなる?

Learn from them!

そこから学ぶんだ!

So I want you now, to do it again. 

そこで、君たちにはまたやってもらいたい事がある。

i.e, introduce yourself. 

自己紹介をしてほしい。

And do it intelligently. 

それも賢くやってほしい。

Use your amazing intelligence to say this is me. 

君たちの優れた頭脳と思考力を用いて「これが私だ」と説明してくれ。

And you are now already in your life, you are getting ready to graduate. 

君たちはもうすでに卒業間近だ。

You will be asked, in universities, in schools, in companies, in governments, to say who you are. 

大学に、学校に、会社に、政府に、あなたは何者かと問われてくる。

And if you just send them a normal curriculum vitae, it will be put in a stack! 

そこにただの普通の履歴書を送ったら片隅に置かれてしまうだけだ。

And they’ll forget. 

そして忘れ去られる。

But if you put a really good mind map, you will in all probability, at least get a good interview. 

だがそこで優れたマインドマップを提示できれば、高い確率で少なくとも良い面接はもらえるだろう。

So, five minutes. 

5分だ。

Do a good mind map on who you are. 

君たちが何者なのかを良いマインドマップで表せ。

Starting now. 

始め。

(36:20) 

 

(No.18)

(36:46) 

Check your thinking habits because you and I have been trained to think “words”! 

君たちの思考習慣を振り返ってみてくれ。なぜなら私たちは「言葉」で考えることを鍛えられているのだから。

So, we put our name in black. 

だから、名前は黒字で書く。

So don’t put your name in the middle. 

名前を真ん中に書いちゃダメだ。

Put an image of you. 

君のイメージを描いてくれ。

A picture of you or an image of your "mountania"! 

君の絵か、君のマウンテンマニアックでもいい!

Put a picture of a mountain. 

山の絵でも描いてみてくれ。

A litttle stick figure climbing up. “And it’s me!” 

それを登っている棒人間を描いて「私はこれ!」みたいなね。

And do these fast, because this is like brainstorming. 

そして試行錯誤は早くやってくれ。

But when your brain is thinking fast, you can still do it beautifully. 

思考は早く巡らせていても、美しくできる。

You can still use color. 

色は使える。

You can still sketch in quick little image. 

スケッチや落書きもできる。

Consider this to be a draft. 

これはドラフトだと思ってみてくれ。

Like a first draft as a good artist does. 

良い画家の一番最初のドラフトかのように。

Well done team! They’re starting well! 

いい調子だチーム!とても良い出だしだ。

And if your neighbor is doing it well, do what with them? 

もし自分の周りがうまく出来ていたらどうする?

Copy! Copy! 

コピー!コピーだ!

Copy the good.

良いものをコピーするんだ。

Doesn’t mean you have to put their words in it, but their style, the way they use their color, their beautiful branches, the strong big key words. 

彼らの言葉を入れるのではなく、彼らのスタイル、色の使い方、綺麗な枝、大きく強いキーワード。

Incorporate their style in yours. 

彼らのスタイルを君のに取り込むんだ。

(38:40) 

 

(No.19)

Good start. 

良いスタートだ。

You are now using the mind map to mine, MINE, your mind. 

君たちは今マインドマップを使って、自分の脳を、思考を採掘しているんだ。

You are excavating. 

発掘している。

Notice when you look at the mind map, there are no boxes in it. 

マインドマップを見ると枠(四角い欄)がないのに気づいたかな。

Even in softwares there are boxes. 

ソフトウェアでも枠の中に入っている。

Not recommended. 

これはオススメしない。

Boxes are like little prisms that your thoughts are trapped in. 

枠は君たちの思考を閉じ込める箱のようなものだ。

Don't use boxes. 

枠は使うな。

And note, that the key words is one key word. 

そして、キーワードは一つの言葉だけだ。

Not phrases and sentences. 

文章ではない。

KEY WORDS. Key words. 

キー「ワード」だ。

And make sure that the CONNECTIONS, the connections are close. Strong. 

そしてそのキーワードの繋がりが強いことを意識してくれ。

One of the common expression is “think outside the box”. 

よく使われる表現は「枠を超えて考えろ」だ。

And when you use boxes, you have mental blocks. 

枠を使うと思考の箱が出来てしまう。

You have thinking blocks. 

箱の中で考え。

You have writing blocks. 

箱の中で書いてしまう。

(41:30) 

Okay team! 

よし、チーム!

I want you now, in the same pairs of two, to introduce yourselves again, and at the same time have your first one, next to it. 

それでは今と同じペアで、また自己紹介をしてほしい。そして、この前にやった自己紹介を手元に置いておいてくれ。

And look at what you did one hour ago, and what you have just done. 

1時間前にやったことと、今やったことを見比べてみてくれ。

In this second exercise, you had less time. 

この二つ目の課題は、前より与えられた時間が少なかった。

You had less time to do it. 

課題をこなすための制限時間が短かったんだ。

So exchange, and have both in front of you so you can compare. 

だから今比べてみるといい。

In one hour, how you can transform your thinking. 

1時間で、自分の思考をどう変えれるのか。

Starting now. 

はじめ。

And introduce yourself with enthusiasm. 

そして自己紹介は元気よく!熱意を持って。

This is me!  

これが私だよ!って!

(43:14) 

 

(No.20)

(47:15)

Okay team!

オーケー、チーム!

So, a couple of questions. 

いくつか質問がある。

When you did the mind map, did it feel the same as when you were introducing yourself the first time?

マインドマップを作った時、最初に自己紹介をした時と同じ感じだったか?

I’ll try that again. 

もう一度聞こう。

When you did the mind map, did it feel different from when you were doing your first linear one color?

マインドマップを用いた時、一色しか使わなかった時とは何か違ったか?

Did it feel different?

違う感じがしたか?

How many of you enjoyed doing the mind map? 

マインドマップを作るのが楽しかった人はどれくらいいる?

Wonderful. 

素晴らしい。

Because it’s natural. 

なぜなら自然なものだからだ。

So what could you now use the mind map for? 

それでは、これからはマインドマップを何に使える?

Everything! Everything! 

全てだ!全てにだ。

You can use it for brainstorming, you can use it for noting. 

ブレインストーミングにも使えるし、ノートにも使える。

For example, let’s imagine that you’re studying psychology. 

例えば、心理学を勉強しているとしよう。

So in the middle, you put a picture of a brain or you put the psychology symbol. 

真ん中には、脳の絵、または心理学のシンボルを置く。

And then you have the main branches. 

そこから主要の枝が広がる。

What main branches would you have in psychology? 

心理学における主要な枝とはなんだ?

Experimental. 

実験的。

Child. 

子供。

Theories. 

理論。

Figures, i.e, people. 

被験体、または人。

Like Lozanov, like B.F. Skinner from Harvard. Pavlov, and on and on. 

ロザノフ、ハーバード大学のB.F.スキナー。パブロフ。

So a mind map, you can prepare an essay, a thesis, and it takes you no time at all. 

つまりマインドマップでエッセイも論文も、時間をかけずに書くことができる。

Tony, always uses mind maps. 

トニーは、いつもマインドマップを使っている。

All the books that I have written, the 140 books in fact. 

私が書いた全ての本、140冊にだ。

And I’m writing one here. 

そしてここでも一つ書いている。

When I’m writing them, always mind maps. 

私が執筆する時は、いつもマインドマップだ。

Because it’s so easy! 

だって簡単だから!

Just map it out, like the map of a city, and then you go travel around that city. 

街の地図のようなマップを書いて、あとはその街を探検するだけ。

And you know where to go. 

行く場所はわかっている。

So I’m gonna give you one or two more pieces of information, to help you use your brain. 

では、あと一つか二つ、脳を使うための情報を君たちに与えよう。

(50:05) 

 

(No.21)

As I told you in the library, in the university, I was told when I wanted that operations manual, I said you know, I need a book on my brain, there is no book. 

先ほど私が話したように、図書館や大学で、「私の脳の使い方」を知るための本が欲しいというと、そんな本はなかった。

“The medical section is over there.” 

「医学のセクションはあちらです。」という返事しかなかった。

So I had to learn how to use my brain. 

だから私は自分の脳の使い方を勉強しなければならなかった。

Which is why I rejected some of my professors, because they weren’t teaching me anything. 

そのために何人かの教授を拒んだ。なぜなら彼らは何も教えてくれなかったから。

I kept some professors, because they were really good. 

何人かの教授はとても教えるのが上手かったからキープした。

So I, chose. 

そして私は選んだ。

And outside the university, I contacted other professors. 

大学外でも、他の教授と連絡を取った。

Leaders. 

リーダーたちに。

Thinkers. 

考える人たちに。

Revolutionaries. 

革命家に。

And checked in with them. 

彼らから学んだ。

So one of the ones I want you to connect with is Leonardo DaVinci. 

君たちに繋がって欲しいと思う人物の一人はレオナルドダヴィンチだ。

Leonardo DaVinci.

レオナルドダヴィンチ。

How many of you have studied Leonardo? 

レオナルドを勉強した人はどれくらいいる?

If you haven’t, do. 

もししていなかったら、必ずしなさい。

Leonardo has used all his multiple intelligences. 

レオナルドは彼が持つ複数の知能・能力を全て使いこなしていた。

Get his notebooks! 

彼のノートブックを読むんだ。

Don’t read what people said about Leonardo. 

他の人が彼について書いたものを読んではダメだ。

Because they would say what they think. 

なぜならそれはレオナルドに対しての彼らの考えしか書かれていないから。

But look at what he says. 

レオナルド自身が何を言っていたのかをみてほしい。

And he said many things, but one of the things he said was the following. 

彼は様々なことを言っていたが、彼の発言の一つはこれだ。

And please note.  

これはノートに書き留めて。

He said, “I am a student. I am a student of nature.”

彼は「私は生徒だ。自然の生徒だ。」

So he did not say “I am an artist.” 

彼は「私は画家」とは言わなかった。

He said “I am a student of nature.” 

「自然の生徒だ。」と言ったんだ。

And he loved nature. 

そして彼は自然を愛していた。

How many of you love nature? 

この中で自然を愛しているものは何人いる?

Everybody. 

全員だ。

Which is the way the brain is. 

そしてそれは脳の作りに沿っている。

So you love nature. 

君たちは自然を愛している。

And Leonardo, not only loved it, he was Her student. 

そしてレオナルドは愛するだけではなく、「彼女」の学生だった。

He learned from nature. 

自然から学んでいた。

And he said, “people look, and they don’t see. They listen and they don’t hear. They eat and they don’t taste. They touch and they don’t feel. And they talk and they don’t think.”

そして彼は言った。「人々は見ているのに視えていない。聞いているのに聴こえていない。食べているのに味わっていない。触れているのに感じていない。話しているのに考えていない。」

Said Leonardo. 

レオナルドはこう言った。

 

(No.22)

So he said “I am a student of nature. Next, I observe Her.” 

続けて彼はこう言った。「私は自然の生徒だ。次に、私は「彼女」を観察する。」

And Her is mother. 

「彼女」とは母のこと。

Big capital H. 

「」付きだ。

“So I am a student of nature. I observe Her. I then, analyze Her. 

「私は自然の生徒。私は「彼女」を観察する。そして次に「彼女」を分析する。

So I study and analyze her. And then I copy Her.”

分析し、研究し、そして「彼女」を模倣する。」

He said copying is your main channel into all learning. And all thinking. 

彼は模倣する(コピーする)ことが学習と思考全ての核であると言った。

So I want you to follow Leonardo.

そして君たちにはレオナルドを辿って欲しい。

Be a student of nature. 

自然の生徒になれ。

Observe Her. 

「彼女」を観察しなさい。

Study Her. 

「彼女」を研究しなさい。

Analyze Her.  

「彼女」を分析しなさい。

Copy Her. 

「彼女」を模倣しなさい。

So on your big sheet of paper, I want you to draw, although you are not artists, 

そこで君たちには手元にある大きな紙に、画家でないながらも、描いて欲しい。

I want you to draw a butterfly. 

蝶々を描いてくれ。

And you can draw a butterfly, you can copy. 

蝶々を描くにあたって、もちろんコピーしていい。

You got to copy. 

コピーをしなければならない。

So you can copy that butterfly from your brain. 

君たちの脳に存在する蝶々をコピーしてもいい。

Your imagination. 

それはつまり君たちの想像力だ。

Or, you can copy a butterfly from the internet. 

それか、インターネットの蝶々をコピーしてもいい。

Check, find some butterflies, I like that one, copy that one. 

検索して蝶々を見つけて、あ、これいいな、そしてコピーすればいい。

But copy it. 

必ず「コピー」をするんだ。

Copy it well. 

そして上手くコピーしてくれ。

There’s some butterflies here. 

ここ(ポスター)にも蝶々がいるぞ。

If your neighbor is doing a really good butterfly, copy her or him. 

お隣さんが上手な蝶々を描いていたら、彼または彼女からコピーしなさい。

Okay team. 

ではチーム。

So as non-artists. 

画家ではない者として。

I want you simply be a student of nature. 

ただ自然の生徒になってほしい。

Copy Her. 

「彼女」をコピーするんだ。

And make sure you analyze. 

分析を忘れずに。

Don’t just sloppy. Study it. 

曖昧ではダメだ。ちゃんと細部まで見るんだ。

ANALYZE it. 

「分析」するんだ。

And then copy it. 

それからコピーだ。

And copy as I said, from your imagination. 

そしてコピーはすでに言ったように、君たちの想像力から。

Your library of visual memory. Copy from it.

視覚の記憶の倉庫から、コピーしてみてくれ。

(55:39) 

 

(No.23)

And do your butterfly on its own page. 

そして蝶々は新しい紙に描いてくれ。

Don’t find a little corner in your note with your one color note. 

一色で書いたノートの隅っこですませないで。

Do your butterfly on a page. 

蝶々は新しい紙に。

Don’t try to save paper!

紙を温存して救おうとしない!

Try to save your brain! Haha. 

脳を救ってあげるんだ!(笑)

(57:10)

Good you're starting well. 

いい出だしだ。

And copy it.

コピーするんだ。

Make sure you studied it. You analyzed it. 

研究と分析をしっかりするように。

And do look around, and see what your neighbors are doing. 

そして周りを見て、お隣さんが何をしているのかもよく見るんだ。

And if you think, “Wow! I like that one!”, copy them!

そこで「わ、これいい!」と思ったら、迷わずコピーするんだ!

Copy the best. 

一番をコピーしなさい。

(58:10) 

I am pleased to see that some of you, have finished a little butterfly and you’ve done another one and another one. 

何人かが小さい蝶々を完成させた後、また一つ、また一つと新しい蝶々を描いているのは嬉しいね。

So some of you have already done 3 butterflies. 

何人かはすでに3匹の蝶々を描いている。

As artists. 

アーティストとして。

There are some beautiful butterflies emerging. 

とても綺麗な蝶々が現れ始めているよ。

(59:30) 

Give yourselves one more minute. One more minute. 

あと1分にしよう。

You don’t have to finish it. 

終わらせなくてもいい。

Just go as far as you can with it. 

できるとこまでやってみてくれ。

And do copy. 

コピーを忘れずに。

(1:01:37) 

Alright team! 

よし、チーム!

How many of you, have looked around and seen some really good butterflies?

周りを見て、とてもいい蝶々を見たという人は何人いる?

Keep your hands, keep your hands up!

手を挙げたままで!

Look around. 

周りを見渡してごらん。

100%! 

100パーセントだ。

Which means that other people were looking at your butterfly. 

ということは他の人たちは君たちの絵を見ていい蝶々だと思っていた訳だ。

Saying, “Yeah, pretty good!” 

「なかなかいいじゃん!」ってね。

This was your first butterfly. 

これは君たちの初めての蝶々だ。

And it was good. 

そして上手かった。

And you were simply following what Leonardo said. 

やったことはレオナルドと同じことをしただけだ。

Every human brain is naturally an artist when it knows the correct formula.

全ての人間の脳は正しい法則にさえのっていれば、全てアーティストだ(画家だ)。

So when you practice what Leonardo said, you become a magnificent artist. 

だからレオナルドと同じことをやってみると、みんなとても素晴らしいアーティストになった。

Because your brain is designed, to do it!

脳がそう設計されているからさ!

So I want you to show the camera, how brilliant you are. 

それではカメラに君たちがそれだけ素晴らしいのかを見せて欲しい。

So, hold them up! 

上に掲げてくれ!

You, the artist. 

アーティストとして。

Keep them up! 

挙げたままで!

Keep them up, because he’s scanning, scanning. 

カメラマンが見渡しているからそのままで。

He’s zooming in on some of your butterflies. 

いくつかの蝶々はズームされているね。

And when you’re keeping them up, look around to see other butterflies. 

挙げている際に、周りの蝶々を見ること。

And make sure yours is still up! 

その時自分のは下げないてはいけないよ!

(1:03:51)

 

(No.24)

So now, how many of you are now an artist? An artist? 

では今、この中で画家になれた人は何人いる?画家に。

So when you are an artist, and you mind map. 

画家である時は、マインドマップをする。

Most people when they learn the mind map, know that they can’t draw. 

ほとんどの人はマインドマップを学んだ時には、自分が描けないことを知っている。

So they start doing the mind map and, “Ugh, I can’t do that.” 

だからマインドマップをやり始めて「あ、できない。」となる。

Images “I’m not an artist.” 

「私は画家ではない。」と言い聞かせる。

But now you know you can. 

でも今はもう自分は描けるとわかった。

So in your mind maps, you can practice, and practice. 

だからマインドマップの中で練習を繰り返すことができる。

Drawing, sketching, doodling, coloring in… 

描いたり、スケッチしたり、落書きしたり、色を塗ったりして。。。

And you will get better, and better, and better. 

そして君たちはどんどん、どんどん、どんどん上手くなる。

And your mind map will get better, and better, and better. 

そして君たちのマインドマップもどんどん、どんどん、どんどん良くなる。

And that’s one hour and a bit. 

そしてこれは1時間とちょっとしか掛からなかった。

And you’ve already changed your mind. 

それだけで君たちは自分の思考を変えた。

Boom! Switched it to where you need to go. 

どん!とね。進むべき方向に舵をきった。

And you need to keep going on the journey of improving your meta-cognition. 

そしてこれからも君たちのメタ認知(思考力、想像力)を向上させる旅を続けなければならない。

And the use of your multiple intelligences. 

君たちの幾つもの才能の使い方を。

And I'm gonna be back here so I expect you to be more brilliant.

私はまたここに帰ってくるから、君たちがもっと素晴らしくなっているのを期待している。

I will be on September 13th. 

9月13日に戻ってくる。

Teaching in the butterfly project 50. Five-zero. 50, 000 students. 

バタフライ・プロジェクトを5万人の生徒に教えるためにね。

The butterfly project needs more help.

バタフライプロジェクトには君たちの助けが必要だ。

So make sure that you commit to go to the National Stadium where 50, 000 students are. 

だから5万人の生徒がいる国立スタジアムに、必ず来るように。

And those students need you. 

そしてそこの生徒たちは君たちが必要だ。

So when they’re drawing the butterfly, when they’re doing the mind map, they’ll make all the same mistakes as you did. 

彼らが蝶々を書き始めた時、マインドマップを作り始めた時、彼らは君たちと同じ誤ちを繰り返すだろう。

So when you go, bring your mind maps. 

だから君たちが足を運ぶ時には、マインドマップを持っていくように。

Say look. 

見て、って。

I can help you. 

私はあなたを助けられる、って。

Look at my butterfly. Bang! 

私の蝶々を見て!どん!って。

To inspire them. 

彼らにインスピレーションを与えるために。

That’s the main goal isn’t it?

それが一番の目的だろう?

To help every students you ever meet. 

自分が今まで会った全ての生徒を助ける。

To help them, to no longer starve mentally.

彼らの思考がもう飢えないように。

Feed them good mind and brain food. 

良質な思考と、脳へのご馳走を与えてあげるんだ。

(1:00:47) 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

  • Tonny Buzan "Learn how to learn" No.1
  • No.2 Tony Buzan / Learn, how to learn
  • Tony Buzan Vol.3
おすすめの記事
書けないとしゃべれない!
Blog
こんにちは! 本日はLeonがお送りします。 さて、表題の 「書けないとしゃべれない」 ですが、これも意外と見落とされている点です。 私...
恥かきビジネス英語
Blog
Blog こんにちは、M.Mです。 日々、英語を勉強していると、 「これはどんなニュアンスだろう??」 とか… 「文法は合ってるけど、恥じを...
【量は本当に大事!】
Blog
【量は本当に大事!】 *パン屋の英会話チャンネルより(無料オンラインサロン) ↑から、どなたでもご参加いただけます!無料です!   ★ 英語...