Tony Buzan Vol.3


⬆️Tonny BuzanのYoutube動画

"Learn, how to learn" (どうやって学ぶか、を学ぶ)

⬇️英語・日本語訳・ゆっくり読んだ音声

(No.1)

(58:10) 

I am pleased to see that some of you, have finished a little butterfly and you’ve done another one and another one. 

何人かが小さい蝶々を完成させた後、また一つ、また一つと新しい蝶々を描いているのは嬉しいね。

So some of you have already done 3 butterflies. 

何人かはすでに3匹の蝶々を描いている。

As artists. 

アーティストとして。

There are some beautiful butterflies emerging. 

とても綺麗な蝶々が現れ始めているよ。

(59:30) 

Give yourselves one more minute. One more minute. 

あと1分にしよう。

You don’t have to finish it. 

終わらせなくてもいい。

Just go as far as you can with it. 

できるとこまでやってみてくれ。

And do copy. 

コピーを忘れずに。

(1:01:37) 

Alright team! 

よし、チーム!

How many of you, have looked around and seen some really good butterflies?

周りを見て、とてもいい蝶々を見たという人は何人いる?

Keep your hands, keep your hands up!

手を挙げたままで!

Look around. 

周りを見渡してごらん。

100%! 

100パーセントだ。

Which means that other people were looking at your butterfly. 

ということは他の人たちは君たちの絵を見ていい蝶々だと思っていた訳だ。

Saying, “Yeah, pretty good!” 

「なかなかいいじゃん!」ってね。

This was your first butterfly. 

これは君たちの初めての蝶々だ。

And it was good. 

そして上手かった。

And you were simply following what Leonardo said. 

やったことはレオナルドと同じことをしただけだ。

Every human brain is naturally an artist when it knows the correct formula.

全ての人間の脳は正しい法則にさえのっていれば、全てアーティストだ(画家だ)。

So when you practice what Leonardo said, you become a magnificent artist. 

だからレオナルドと同じことをやってみると、みんなとても素晴らしいアーティストになった。

Because your brain is designed, to do it!

脳がそう設計されているからさ!

So I want you to show the camera, how brilliant you are. 

それではカメラに君たちがそれだけ素晴らしいのかを見せて欲しい。

So, hold them up! 

上に掲げてくれ!

You, the artist. 

アーティストとして。

Keep them up! 

挙げたままで!

Keep them up, because he’s scanning, scanning. 

カメラマンが見渡しているからそのままで。

He’s zooming in on some of your butterflies. 

いくつかの蝶々はズームされているね。

And when you’re keeping them up, look around to see other butterflies. 

挙げている際に、周りの蝶々を見ること。

And make sure yours is still up! 

その時自分のは下げないてはいけないよ!

(1:03:51)

 

(No.2)

Alright team!

よし、チームのみんな!

Couple of questions, and I shall wish you well and farewell. 

いくつか質問に答えて、お別れとしよう。

Student (S): Hello? … 

生徒:こんにちは。・・・

Tony (T): Okay, so no questions? 

トニー: 質問はないのかい?

S: No, there is a question here. 

生徒:いや、あります!

It’s really nice to meet you and I learned about mind maps years ago when I was studying, 

今日あなたに会えてとても光栄です。私はマインドマップを数年前勉強していた時に知って以来

I used it then a lot to make notes, 

ノートを取るときなどに活用して、

and it helped me a lot for some exams. 

いくつかの試験勉強にとても役立ちました。

But now I’m more interested in things like homeschooling, 

でも今はホームスクーリングにとても興味があります。

And I wanted to ask you if you have worked or presented, 

or do you know about the results of this tool in a different environment than a formal education, 

そこで、今までにこの(マインドマップという)ツールが学校などの正式な教育環境ではなく、

Or for children who are deprived of educations or who just choose to stay at home. 

教育を受けられない子供達や、学校に行かず家にいることを選んだ人たちにも同様の効果があるのか、そのような研究をしたことがあるのかをお伺いしたいです。

T: I know a lot about homeschooling. 

トニー:ホームスクーリングについてはとてもよく知っている。

How many of you are going to become a teacher? 

この中に先生になる人たちはどのくらいいる?

Few of you. 

何人かいるね。

How many of you are going to become a parent? 

親になるという人はどれくらいいる?

Ok, so nearly all of you. 

ほとんど全員だ。

How many of you already have children? 

もうすでに子供がいる人は?

Fine, a lot of you. 

素晴らしい、かなりいる。

Teachers and parents are thought of as different. 

先生と親は違うものだと思われがちだ。

The number 1 teacher in the world is the parent. 

世界で一番の先生は親だ。

So you’re gonna be a teacher anyway. 

だから君たちはどのみち先生になる。

And teaching is the number 1 profession. 

そして先生は一番いい職業だ。

Because it nurtures the brain. 

なぜなら脳を育てるから。

And around the world, more and more parents of children are realizing that their children are in a school where their brain is being starved. 

世界中の親たちが、自分の子供たちが通う学校が脳を飢えさせていることにどんどん気付き始めている。

And like being a butterfly, which is why the project, starts with an egg. 

そして蝶々のように、このプロジェクトは、卵から始まる。

And then grows into a caterpillar and then becomes a cocoon, and then it becomes a butterfly. 

そして幼虫になり、蛹になり、蝶になる。

Think of it as a child. 

子供に置き換えて考えてみよう。

Many children start as a little egg, squash!

多くの子供は小さな卵から始まり、グシャ!

Finished. 

潰されておしまい。

Some of them who survive become a caterpillar. 

何人かは生き残り幼虫になる。

And they are fed junk food. 

そしてジャンクフードを食べさせられる。

Junk, physical food. 

体に悪いジャンクフードを。

Junk, brain food. 

脳にも悪いジャンクフードを。

Caterpillar. 

幼虫。

And even though its unhealthy, they just ugh, squash! 

不健康と分かっていても、うげっ思いながら食べて、グシャ!

Another child, gone. 

また一人の子供がいなくなる。

Still alive, but mentally dying. 

生きているが、思考が停止している。

Some get to a cocoon. 

何人かは蛹にまでなれる。

Cocoon when it is in a bad environment, when the caterpillar has been fed badly, 

蛹は悪環境にいて、悪いものを食べさせられると

It turns into dust. 

塵になって消えてしまう。

A few, make it. 

何人かは辿り着く。

And they become a butterfly. 

蝶になる。

Some of them however, come out and they are deformed. 

しかし何人かは歪な形で出てくる。

Because they were not fed well. 

良いものを食べさせられなかったからだ。

So the butterfly project says, we must teach children. 

だからバタフライ・プロジェクトは「子供に教えなければ」と訴えている。

wonderfully. 

「きちんと」。

And realize that they are potentially genius, when they are looked after and nurtured well.

彼らはきちんと面倒を見て、きちんと育てられた時、天才になる可能性を秘めていることに気づいてもらうために。

So homeschooling is why a growing number of parents around the world are saying, 

I’m taking my child out of school. 

ホームスクーリングこそが、子供を学校に行かせない親が世界中に増えている理由だ。

Because I want them to survive. 

自分の子供に生き残って欲しいから。

And they bring friends and say you know, 

そして同じ考えを持つ友達を連れてきて、

How many of you have studied chemistry? 

「科学を習ったことはある?」と聞く。

Ooh yeah, I liked chemistry. 

「あ、私好きだった。」

Ok. How many of you done a sport. 

「良いね。スポーツをやったことがある人は?」

Yeah I’m a you know so yeah. 

「あ、私。あれやこれや・・・」

And they bring a little team. 

そこで小さなチームができる。

And they bring their child and the other children and they form homeschooling. 

その中に自分の子供と他の子供も連れてきて、ホームスクーリングが成り立つ。

It’s a very good idea when there is a school that is not teaching them properly. 

きちんと学べない学校しかない場合、これはとても良いアイデアだ。

So it’s a matter of choice but it is one of the growing industries around the world.

選択の自由ではあるが、これは世界で急成長中の業界の一つだ。

It’s a growing “industry”. 

発展中の「業界」。

Homeschooling. 

ホームスクーリング。

It’s an encouraging sign. 

とても良い傾向だ。

(1:11:56)

 

(No.3)

Okay, one more question. 

では、あともう一つ質問。

S: Hello, uh, professor, I’d like to ask one question. 

生徒:先生、こんにちは、一つ質問をしたいのですが。

Is it as effective to create a mind map for some sort of software on pc as it is to create a mind map for a sheet of paper? 

マインドマップを何かのソフトで作るのは、紙の上に作るマインドマップと同じくらい効果的でしょうか?

T: Very good question. 

とてもいい質問だ。

I mean that’s an important question. 

いや、とても大切な質問だね。

Software or the hand? 

ソフトか手か。

What do you think? 

どう思う?

First, the hand. 

まず、手。

Your hand and arm are like a giant pipe of incredibly complex wires. 

君たちの手と腕はとても複雑なワイヤーでできた巨大なパイプのようなものだ。

They go “vroom!” Into the brain. 

「ヴーン!」と君たちの脳に(動作を)伝導する。

This is a memory tool. 

これは記憶のためのツールだ。

It is kinesthetic. 

流動的で。

It uses rhythm. 

リズムを使う。

It uses all your skills. 

自分が持っている全てのスキルを使う。

This DOES. 

これ(手)がだ。

So when you draw the mind map, this instrument memorizes the entire thing. 

つまり君たちがマインドマップを描く時、この道具は全てを記憶する。

The whole thing. 

全てを。

When you are doing a software one, if you’re digitalizing it, 

ソフトウェアバージョンを作る時、デジタルにする時、

“tik, tik, tik, tik, tik.”(sound of typing), 

「ティクティクティクティクティクティク」(タイピングの音)

You don’t remember. 

何も覚えない。

You remember “tik, tik, tik, tik, tik.” 

「ティクティクティクティク」を覚えるんだ。

So the more you use your body the better. 

だから自分の体を使えば使うほどいい。

On the other side, the software, particularly the iMindmap software, the iMindmap. 

逆に、ソフトウェア、主にiMindmapのソフトウェアに関しては。

This one. 

これ。(スクリーンに映っているマインドマップ)

You can do things with software that you cannot do with your hand. 

手ではできず、ソフトウェアにしかできないことができる。

So I do use both. 

だから私は両方使う。

So when I have a mind map, and I think, 

私がマインドマップを持っている時、

“hm, I’d like to give that to a million people.”, 

「ふむ、これを100万人の人たちに送りたいな。」と思うと、

Pomf! Phew! 

ポン!ピュン!

It goes to a million people. 

100万人の人たちに届く。

Or I think, 

それか、

“Uh-hum, it’d be really nice to add about fifteen things here.” 

「うーん、ここに15個ほど項目を付け足せたらいいな。」と思うとする。

And there’s no room. 

しかしスペースはない。

So on the software I go “pomf!” 

そこでソフトウェアでまた「ポン!ポフ!」

Child mind map. 

子供のように小さいマインドマップが。

So that branch becomes a mind map. 

たちまち一つのマインドマップに成長する。

If I think, 

私が、

“Hm, it’d be nice to change the colors of the branches. 

「ふむ、ここの枝の色を変えられたらいいな。

Yeah, ok, poomf!” 

よし、じゃあ、ポーン!」

And they all change. 

そして全部変わる。

Or I think, 

それか、

“hm, this branch here, I’d like to have it up there.” 

「ふむ、この枝、上に移動させたいな。」と思えば、

And the branch changes. 

枝はそのように移動する。

So what is the answer?

では答えは何か?

Use the hand or the computer. 

手かコンピューターを使いなさい。

Both. Always both. 

両方とも。いつも両方。

And if you wanna test yourself, you wanna examine yourself. 

もし自分をテストしたいのなら、試してみたい場合。

It’s a really good idea because with the software, it can be…

ソフトウェアを使うのはとてもいいアイデアだ、なぜなら・・・

I take off all the information. 

情報を全て取り外す。

I’m taking it off on my screen. 

画面から全部取り外す。

And that’s the mind map on Tony Buzan. 

これはトニー・ブザンのマインドマップだ。

And it’s disappearing. 

そして消えていく。

Now my hand drawn mind map, I can’t rub that out.

しかし私の手で書いたマインドマップ。これは消せない。

But I can, take it off. 

しかし、(スクリーンでは)取り外せる。

So now I could examine you. 

そこで君たちを試すことができる。

On that page, what was the first main branch? 

このページの中で、最初の枝はなんだった?

What else was on that branch? 

その枝の項目はなんだった?

What was the main branch over here? 

ここにあったメインの枝はなんだった?

Media. 

メディアだ。

Was there a sportsman branch?

スポーツマンの枝はあったか?

Where was that? 

どこにあった?

Vroom. 

ブーン!

So the mind map is a memory tool. 

マインドマップは記憶のツールだ。

And with a software you can examine yourself. 

そしてソフトウェアによって自分をテストすることができる。

You’ve got your mind map of biology. Or your mind map of psychology. 

生物のマインドマップを持っている。心理学のマインドマップを持っている。

Or a mind map of an experiment of Pavlov and all of the information. 

それかパヴロヴの実験と情報のマインドマップがある。

And you do it by hand then you transfer it. 

まず手で書いてから、(ソフトウェアに)移転する。

And you can test yourself. 

そしたら自分を試せる。

So both. 

だから両方ともだ。

And the mind map becomes like a friend of yours.

そしてマインドマップは君たちにとって友達のようなものになる。

It’s a companion. 

君たちの相棒だ。

You carry the mind map with you. 

マインドマップは持ち運ぶことができる。

Both physically, any our computer, and your brain. 

物理的にも、パソコンの中のデータとしても、脳の中にも。

(1:17:32)

 

(No.4 FINAL)

Alright team! 

よしチーム!

When I come back, I hope to have already had contact with you. 

次私が戻ってきたときには、すでに君たちと連絡を取っていることを期待している。

Because, I was told about 5 years ago Twitter was a good idea. 

なぜなら、5年ほど前にツイッターはいいアイデアなのではないかと言われたからだ。

And I said I don’t think so. 

その時私はそうは思わないと答えた。

Read Twitter and it says “this afternoon at 3:25 I went to the toilet.” 

ツイッターを読むとこう書かれている「昼の3:25にトイレに行った。」

Not interesting. 

興味ない。

Then I thought Twitter can be like a mind map. 

でもそこで私はツイッターはマインドマップのようになれるのではないかと考えた。

The central image is the brain. 

真ん中のイメージが脳。

Mind mapping. 

マインドマップする。

The I can put that on. 

そしてそれを載せる。

Only a hundred and forty characters. 

たったの140文字。

So like a small poem. 

小さいな詩みたいに。

So a good tweet is like a small poem. 

いいつぶやきは小さな詩のようだ。

And then, if you link to me in my home twitter number is @TONY_BUZAN. 

そして、私の公式ツイッターのアカウント名は@TONY_BUZANだ。

When you tweet with a really brilliant thought or a fabulous mind map, I will retweet you. 

君たちがとても素敵な考えや素晴らしいマインドマップをツイートした時、私がリツイートしよう

And when you go onto that twitter, you’ll not hear “my favorite football team is…” 

そしてこのツイッターに行けば「俺の好きなサッカーチームは・・・」なんて聞こえない。

“I brush my teeth at 4 o’clock every morning.” 

「僕は朝4時にいつも歯磨きをします。」も。

It’ll be “here is a mind map, from a student in Mexico.”

「これはメキシコの生徒のマインドマップ。」だ。

“Here is a mind map from a six year-old child from Japan.”

「これは日本にいる6歳の子供のマインドマップ」

“Here is some information from the brain research about.” 

「これは脳研究についての情報。」となる。

So I will look forward to meeting you for the rest of my life. 

だから君たちにこれから一生会えるのを楽しみにしている。

Be brilliant, because I know you are. 

素晴らしくあれ、なぜなら君たちがそうであることは知っている。

Enjoy your butterflies. 

蝶々を楽しむように。

Please do support the butterfly project. 

そしてバタフライプロジェクトの応援をよろしく。

And this brochure was designed by volunteers. 

このパンフレットはボランティアによってデザインされた。

That all of them were mind mappers. 

そのみんながマインドマッパーだった。

And they use color, and indeed, you’re here. 

色を使って、結果、君たちはここにいる。

That’s where we are. 

それが今の状況だ。

They knew where we were going to meet. 

彼らは我々がどこで出会うのかを知っていた。

Examples of mind maps.

マインドマップの例。

Beautiful butterflies.

綺麗な蝶々。

Good images. 

良質なイメージ。

Which you can use in your exams, in your thesis, your twitter, your social networking. 

試験にも、論文にも、ツイッターにも、ソーシャルネットワークにも使える。

Already one example of an entire school in Karachi with pour teachers. 

すでにカラチにある学校と悪い先生の例がある。

Teaching all these kids mind mapping and butterflies! 

そこにいる子供たちにマインドマップと蝶々を教えるんだ。

And the kids fell in love with their school. 

そうすると子供たちは自分たちの学校が大好きになった。

Which is what every school should be.

それが全ての学校のあるべき姿だ。

We have these right there. 

これ(パンフレット)はあそこにある。

We have these, so I will end by wishing you well. 

ここにもある、そして君たちの幸運を祈って終わりとしよう。

Use your brain well. 

脳を上手く使うんだ。

And we’ll give you a brochure of the butterfly project. 

バタフライプロジェクトのパンフレットを差し上げる。

And I want to see you in the stadium 13th September with your and your university’s support. 

そして9月13日に君たちと君たちの大学の協力のおかげで会えることを楽しみにしている。

Thank you. Thank you. 

ありがとう。ありがとう。

 

パン屋の英会話教室 秋葉原本校

パン屋の英会話教室 大手に囲まれ8年目!

大手に比べて断然お得のマンツーマン!秋葉原駅チカ

詳細はこちら!

  • Tonny Buzan "Learn how to learn" No.1
  • No.2 Tony Buzan / Learn, how to learn
  • Tony Buzan Vol.3
おすすめの記事
否定文・疑問文を作ってみよう!
Blog
こんにちは!Shotaです。 最近は寝ても寝ても眠いです。。暖かくなってきたからでしょうか。 さて、今日のテーマは、SVOの文の否定文と疑問...
恥かきビジネス英語
Blog
Blog こんにちは、M.Mです。 日々、英語を勉強していると、 「これはどんなニュアンスだろう??」 とか… 「文法は合ってるけど、恥じを...